定期試験ラストスパート!!

個別指導塾と家庭教師の学習空間、埼玉エリア坂戸教室の道広です。

今週末から来週にかけて中学生の定期試験です。
1学期に比べて難しい単元が増えてきたので、四苦八苦する生徒が増えていますね。

1年生は英語でとっても大切な疑問詞の使い方や数学の一次方程式。
2年生は英語の不定詞や数学の一次関数。
3年生はなんといっても入試問題でよく出題される放物線と一次関数の複合問題
理科の移行措置単元のイオン問題も理解が伴わないと対応できないですね。

などなど。。。。
苦手な生徒にとってはまさに断崖絶壁の壁。
ただできる限りその壁を乗り越えてほしいです。

また、埼玉県エリアの坂戸教室と入間藤沢教室では
今週の日曜日(10/16)に定期テスト対策として教室を開けます。
さぁラストスパートだ!!

モチ@指導後の外気が寒っ

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の個別指導塾

なたもだ

個別指導塾と家庭教師の学習空間、埼玉エリア入間藤沢教室の道広です!

20日間の夏期講習、今日で折り返しです。
まだまだこれからですね!埼玉は気合で乗り切りますよ~!

学習空間の夏期講習では毎日1つ作文の課題が出されます。
それは公立高校入試の国語で作文が出題されるからです。ちなみに埼玉県の去年の入試では作文が16点配点でした。
作文のテーマは学習空間のベテラン先生が公立入試傾向を分析し、創意工夫した選りすぐりです。
生徒も四苦八苦しながら頑張って作文に取り組んでいます。

文章を書くことが苦手な生徒が多いですね。
原因は「文章の書き方」を知らないからだと思います。
だから今回は担当している入間藤沢教室の全員に「なたもだ」を仕込みました。
文章がうまくなる呪文です!

以下簡単にまとめます。
①自分の意見(主張)…文章のテーマに対してする自分の意見
②な … なぜなら 主張に対する理由
③た … たとえば 具体例を書く 
④も … もしも  仮の設定を作り別の視点から考える
⑤だ … だから  結論を書き出すきっかけ

この順番で書くと文章を書くことが苦手な生徒もある程度書けるようになります。
入間藤沢では生徒が初日とは全く違った文を書いてくるようになりました!
残りの夏期講習、今度は何を生徒に仕込もうか、わくわくしながら模索中です。

*「なたもだ」はネットで検索するとヒットします。
ちなみに私は山梨エリア甲府西教室の河手Tからご教授いただきました。

*「なたもだ」がすべてではありません。生徒のみなさん油断しないように。

みち@健康診断引っかかったぞ ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の個別指導塾

『育つ』のその後。

個別指導塾と家庭教師の学習空間、埼玉エリア坂戸教室の木原です。
ブログに投稿するのはなんと人生初!
この年になって・・・と思いましたが、よくよく考えるとまだやってないことなんていっぱいありますね。
人生には、色々な経験が大事。
これでまた一つ経験が増えました(^^b

さて、以前、道広先生が『育つ』ということについて投稿してましたね。
あれから1か月。早いものです。
その間、各中学校では期末テストがありました。
坂戸教室ではその期末テストがぼちぼち返ってきています。
今回のテスト結果では入塾したころに比べて、嬉しさや悔しさを表情に出す生徒が増えたように感じます。
『そりゃ嬉しいよ!!』
『やっぱり悔しい!』
その想い、とてもとても大切なものです。
生徒自身が成長を実感しているからこそ生まれるその想い、忘れないでほしいと思いました。
この想いも『育つ』の仲間の一人ですからね。

「がんばった数学は・・・3倍にもなってた!!!この塾すげー。とか思った。勉強が楽しくなった!!」
テスト結果を受けて、こんなコメントを寄せてくれた生徒がいました。

がんばったもんね!次も一緒にがんばろう!!

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の個別指導塾と家庭教師

すくすく育っています

個別指導塾と家庭教師の学習空間、埼玉エリア坂戸教室の道広です。

本日は埼玉からお送りします。
坂戸教室は今年の3月にできたばかりの新しい教室です。
オープンから3か月ほど経ちますので、生徒の多くは塾のやり方になじんできました。
勉強の仕方、学習姿勢など3か月前とは見違えるほど成長していると常々感じます。
「坂戸は育ってるね」って相方の木原Tと話すのが日課です。

この『育つ』ってなんだろうって思う方もいると思います。
学習空間では『育つ』というフレーズがとても重要な意味を持ちます。
巷で噂の学習空間用辞書から引用すると

そだ・つ【育つ】 [動タ五(四)]
①正しい勉強の仕方が身に付いている。
②講師が細かく指示をしなくても生徒がやるべきことを理解し実行している。
③1日のやるべき量が終わるまでは帰れないという学習空間イズムを理解し、苦しくともがんばって勉強する。
と書かれています。

学習空間は生徒が自発的に学習する空間です。
でも入塾当初は勉強の仕方を知らなかったり、ちょっとやり方がうまくなかったりする生徒が大半です。
だから我々講師が勉強の仕方を一から指導します。
それは単語の覚え方や間違いなおしの仕方、テスト前の勉強方法、学校のワークのやり方ect・・・
そして、最終的には我々講師が指示をしなくても、
生徒自信が考え学習するように成長してもらいます。というかそうなります(笑)

我々講師の仕事は生徒を育てることです。
いつもどうやって育てようか思案して、試しては失敗して、試しては失敗しての繰り返しです。
だから生徒が育っている瞬間を見ると教室でニヤニヤしています。
そして「すげーいい勉強してるじゃん!!この勉強つづけたらやばい点数取るぞ!」って素直に伝えています。
その時の生徒のドヤ顔もまたいい顔しています。

仕事のやりがいを感じる瞬間ですね。

坂戸の生徒が一人前に育つのももう少しかと思います。
またお知らせしたいと思います。

ミチ

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の個別指導塾