2015年 11月 の投稿一覧

勉強において最大の敵

個別指導塾の学習空間、入間藤沢教室、上尾西教室の篠原です!

本日は定期テストが終わり気が抜けたのか爆睡している生徒がいたので

この睡魔との闘い方について考えてみましょう。

①手足を冷やす。
中高の先生から教えていただいた方法です。冷やしすぎると風邪をひいてしまう危険がありますが、意外と効きます。人は眠い時手足が温まっているそうで、それを利用する形ですね。

②外にでて体操
ネタを温めていたわけでもないので今思いついた方法です。
私自身も指導中どうしても眠くなってしまった際はフラっと外にでて、ストレッチしてます。

③目薬や刺激の強いガム等
一瞬の効果は強いですが、なくなった瞬間眠気が倍になって襲ってくる諸刃の剣

④先生と勉強以外のお話をする
最後にこれ。結局のところこれが一番眠気覚ましになると思います。

ざっとこんな感じでしょうか
どうしても眠くなってしまうのは仕方のないこと
でもやらなければならない時、ことはたくさんあります
睡魔に負けずに頑張っていきましょう!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

☆奥の深い話・誰もが読みたくなるようなお話☆

個別指導塾の学習空間、鴻巣西・本庄南教室の高橋です!

どうもお久しぶりです!

中学生のみなさんは定期試験が終わった生徒がかなり多いですね^_^
結果はどうでしたか??
思ったようにできた人・できなかった人、それぞれいると思います。

では、次に進むためにはどうしたらいいか。

それは、今回の反省をすることです。

・・・反省って悪かった人がするんじゃないの?と思ったあなた!!

反省はできた人もするほうがいいです。

なぜかというと、人は完璧ではないからです。
分かりやすく言うと、5教科で500点取れた人はいいとしましょう。
それ以外の499点以下の人にはまだ、少なからず伸びしろがあるからです。
499点の人でもあとの、たかだか1点にこだわっていけるか、そこがポイントになります。
たかだか1点ですが、これが高校入試・大学入試になるとそれど1点と、1点の重さが変わります・・・

今までこの1点にこだわれなかった人がこれからこだわっていけるようになるかは、あなた次第です!
次のテストからでも遅くありません!
学習空間ではお帰りチェックがあるのでそこで満点を取るという気持でもいいです。
1点でも多く取れるように頑張りましょう(*^。^*)

ここまで話しましたが、
決して点数を取ることが偉いわけでもなく、点数が取れないからダメとかいうわけでもなく、
そこに辿りつくまでの過程がとても大切です。

結果よりも過程が今後の成長の為にも必要になります。
ただ、努力だけしていけばいいというのも話が少し違うんですが・・・

とても難しい。だけど、それが楽しくなるかならないかは気持ち次第!

以前、指導している教室の生徒がデイリーチェックのコメント欄に、
「数学が分かるようになってきたから、楽しい!」
と書いてくれていました。

このコメントを見た瞬間とてもうれしくなりました。

私自身も勉強は決して好きではありません。
どちらかというと嫌いです。

嫌いだから、勉強しない。

この理論は子供の中にはあるものです。
ただ、私はその理論によって、中学時代ほぼ勉強もせずに部活に打ち込み、
グータラな中学時代を過ごしていました。

そのまま高校生になって、大学入試を控えたある日
「なんで中学の時に勉強しなかったんだろう」
って後悔しました。
たぶん、あれが、人生の中で一番最初の後悔でした。

そこから、子供たちに将来後悔してほしくない。少しでも手助けできるならと塾講師の道に進み、
早6年目も終わろうとしています。

6年目にしてやっと自分の思いを伝えられたのかなとか思いつつ、
6年もかかったのかという不甲斐なさと葛藤しています。

これからも一人でも多くの生徒に、
勉強は嫌いなもの、だけど少しでも分かるようになると楽しい。

そう思ってもらえるように日々頑張りたいと思います。

どんなにつらいことがあっても逃げ出したら負け。
反省はしても、後悔はするな。

これ結構好きな言葉です☆

今回は少し真面目な話をしてみました!(^^)!

では(*^_^*)

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

繰り返し行うことのメリット

個別指導の学習空間、入間藤沢教室と川越南教室の間宮です!

いよいよ期末テスト!という人も多いと思います。 テスト対策は進んでいるでしょうか?

私達講師がよくテストまでにワークを3周しようとみなさんに言いますが、これには理由があります。

みなさんが足し算や引き算などの計算問題がすらすら解けたり、小学1年生のときと比べて多くの漢字を使用して文を書くことができるようになったのは、習ってから今まで数え切れないほど計算を解いたり、漢字を書いてきたからです。 

このことは今の勉強にも当てはまりますよ。 ワークを提出用に1回しかやらなかった時と、頑張って3周した時とでは覚えられる量にかなりの差があったはずです。

私がこれまでみてきた中でもワーク3周以上しっかりできている生徒は点数が安定して取れています。

まだワークを3周したことがない生徒はこの機会に頑張りましょう! やってみると繰り返し練習することの大切さが分かるハズ!

ちなみに勉強とは関係ありませんが、私にも何回もやってよかったという経験が最近ありました。

私は指導後はほとんど某飲食店に行きカレーが好きなのでよくカレーを注文します。週に2,3回は行っているので、店員さんも私の顔やよく注文するメニューを覚えてくれているようです。

そのおかげかどうか断言はできませんが、その店で注文すると、同系列の他の店の同じメニューを注文した時と比べて具の量が1.5~2倍くらい違います。日によって誤差はありますが、他の店と比べても断然多いです!

これは何度も店に通っているからオマケしてくれているんだと私は勝手に判断していますが、そうだったら何度も行った甲斐があります笑 

世の中には何度もやることでプラスになることが他にもたくさんあるので、みなさんも頑張ってみましょう♪
埼玉の塾なら個別指導の学習空間

理科は普段の生活から

☆★☆個別指導塾の学習空間、坂戸西・北本教室の清水です☆★☆

いよいよ2学期の期末試験まであと数日と迫っている
学校も多いのではないのでしょうか?
五味先生のブログにも書かれていましたが
3年生は内申にかかわる最後のテストですね。
悔いの残らないように、全力でテストに臨んでほしいです^^

最近、中学生(特に2年生)の理科を指導しているときに
これまた数学と同じ発想ですが生徒によく
「理科はイメージですよーー!!!」
なんて話をよくしています。

というのも、今回の試験範囲が
天気、動物の分野の学校が多くありました。
生徒にちょっとしたヒントや解説をする際
私たちが良く生活の中で目にすること、体験することを
交えながら説明しています。

例えば生物の分類の単元に出てくる
卵生・胎生や変温動物・恒温動物の分類です。
暗記が苦手で1つ1つを用語で暗記していた生徒に
「○○君は何類??」→「人間なので哺乳類です。」
「じゃあ、卵から生まれてきたの?それともお母さんのお腹から?」→「お腹からです。」
「じゃあ鳥は?卵?それともヒナで生まれてくる?」→「卵です。」
「じゃあ、哺乳類は胎生で、鳥類は卵生だね!」→「なるほど!」
といったやり取りをよくしています。

変温動物・恒温動物でも同じです。
これも生徒との会話の中で
「○○君は変温、恒温どっちなの?」→「うーん・・・変温?」
「ってことは夏になると体温が上がって、冬になると体温が下がって冬眠するの?」
→「人間なんで冬眠しないです!!笑」
「でしょ!だから哺乳類は恒温動物なんだよ!」
なんてやり取りもしていました。

他にも、天気の分野では
冬と夏、お風呂に入った時に湯気がたくさん出るのはどっち?
→冬のほうが多いでしょ?てことは飽和水蒸気量は寒いほうが少ないんだよ!
冷たい風と暖かい風、どっちが上に行くと思う?
→お風呂を考えてごらん。入るとき上と下、どっちが温かい?上でしょ!空気も同じ!

まだまだ挙げればきりがないですが
ただ学校でやった内容を「暗記」するだけでなく、
私生活のちょっとしたことと結びつけることでわかりやすくなりますし
私の経験上、ただ暗記するよりも長い間覚えています。

小学生、中学生時代、休みになれば山や川に遊びに行って
虫を取ったり、魚を釣ったり、イノシシに追いかけられたり
たまには夜まで遊んで、星を眺めたりと・・・
そういった経験は今になっても思い出すことがありますし
このような経験があったからこそ、生徒の皆さんにも普段と違った
目線でアドバイスをすることができていると思います。

たまには外に出て、今まで学んできたことが何か
私生活と結びつけることができないのかを
探してみるのも楽しいかもしれませんよ^^

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

地球と宇宙

個別指導塾の学習空間、桶川&本庄南教室の五味です!

期末テスト間近になってきましたが、3年生は内申が確定する大切なテストですね。志望校倍率も発表されましたし、いよいよ最後の詰めといったところでしょうか。皆さんが志望校に合格するよう、我々講師陣も頑張っていきたいと思います。

さて、今回の期末テスト、または前回の中間テストで中学3年生の理科で、「地球と宇宙」が範囲に入っているところが多いと思います。私の受け持つ桶川、本庄両教室でも前述の単元が範囲になっている学校が多いです。

この単元では、地球や太陽系、太陽、星座等について学ぶのですが、ある生徒から「オリオン座って無くなるんですよね?」という話をされました。
正確に言えば、オリオン座を為す恒星のうち、ベテルギウスが消滅するということなんですが、「そういえば、そうだぁ」と思い改めて教科書を見直してみることにしました。というのも私が中学生だった頃には、確か星座の日周運動については、オリオン座や北斗七星、カシオペア座などで説明がされていた記憶があったからです。

しかし、今の教科書ではオリオン座は載っていませんでした。これってベテルギウスが消滅するからなのかなとも思ったのですが、そんなわけでもない気もします。
そもそも、ベテルギウスは太陽系から640光年くらい離れているので、今、この時にベテルギウスが消滅したとしても、地球で確認できるのは640年後ということになります。ですから私たちが今見ているベテルギウスは640年前の光ということです。日本だと室町時代にベテルギウスを発った光が届いているということでしょうか。いや宇宙の果てしない広さを感じてしまいますね。

因みに、私は坂戸市から本庄市まで通勤しているのですが、常々「本庄遠いなぁ~」と愚痴をこぼしていましたが、ベテルギウスに比べれば近いから、まあいいかと思えるようになったようなならないような、今日この頃です…。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

『行きつけの螺旋階段』~ラーメン王になれ~

▲△▲個別指導塾の学習空間、坂戸東教室・北本教室の沖村です△▲△

先日、行きつけの歯医者さんへ伺いました。

そこで、先生から、『じゃあ、また来年お会いしましょう』 と、言われました。

来年?!

3、4ヶ月に1度、定期歯科検診+歯のクリーニングに行っているのですが、次回は来年。

そうなんですよね。 今年も残り、2ヶ月を切りました。

そういうことか!

歯医者さんのあと、これまた行きつけの車屋さんに行きました。 点検をしてもらいました。

この前、ナンバー灯(車のナンバーについている電球です。)の左側を交換してもらったのですが、今回は右側が切れていました。 ナンバー灯やブレーキランプ(ブレーキを踏むとつくライトです。)は、自分ではなかなか切れていても気づかないものです。

このように、人の身体も車も、定期的な点検が必要です。 おかしくなってから、ダメになってからでは、手遅れなことが多いです。

早く判れば、対応することができ、傷も軽く済むことがあります。

私は、今までに就いてきた仕事から、学んだことも多いので、とても大切にしています。

そして、人の意見、詳しい人の意見、専門家の意見に耳を傾けます。

車に関しては、ダメな状態になってから、(文句を言いながら) 助けて助けて、と頼んでくるお客様がおられました。

だから、はじめから言ったじゃん。だから、あの時に言ったじゃん。 と、心中思いましたし、スタッフとも、何回も話しました。

おかしくなってからでは、遅いのです。 しかし、いくら言っても伝わらない方には伝わりません。

アドバイスに耳を傾けることもありません。

結局、自己で判断し、 あとから どうしよう、助けて、というパターンが何度もありました。

人のアドバイスに、耳を傾けることがいかに大事か。明らかですね。

人のアドバイスを聴かない方は、大抵、大丈夫、大丈夫、 何を根拠に大丈夫なのでしょうか? 全くわかりません。

そして、身体の定期的な検診や検査も大切です。

保険もとても大切です。

若いから大丈夫。 それは、間違いです。

では、なぜ、私の担当していたお客様が、何人か亡くなってしまったのでしょうか?入院することになってしまったのでしょうか?

もともと、体質的に弱かったのかもしれませんし、 私生活が不健康だったのかもしれません。

若くても、健康診断は大事ですね。 勿論、生活習慣も大切ですね。

いつの間にか、アラフォーの私。

一層、注意して、生活していきたいもんです。

皆さんも、後悔する前に、人のアドバイスに、人生の先輩のアドバイスに、専門家のアドバイスに、 耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

生徒の皆さんは、少なくとも、人生を先に歩んでいる先輩(例えば、身近なお父様お母様、学校の先生や学習空間の私たち)の意見は聞くべきだと思います。

失敗をたくさん知っています。 基本的には、私たちが、知っている失敗をして欲しくないから、ガミガミ言うのです。

まあ、ガミガミ言う言い方もあるのですが。笑 なんとかして、良い方にいって欲しい。

それが、親心です。 私も一人の親です。 我が子に、失敗や後悔なぞ、できる限りして欲しくありません。 (失敗して、成長も勿論あります。アドバイスを聞いても失敗することもあります。)

さあ、このブログを読んでくれた皆さん!

共に、 よくよく、アドバイスを聴いて、(その通りにするかどうかは、聴いてから考えて行動にうつすべし。) 後悔が少ない人生を、生活を送りましょうね!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

on the road 2015.11.1

動画撮影

個別指導塾の学習空間、桶川・鴻巣西教室担当の貝塚です!

今回は社員旅行の動画について書かせていただきます。

まずなんのことかと言うとw

12月に社員旅行がございまして、埼玉ではそこで出し物をすることになっています。

その出し物というのが動画です。

内容はというと、ずばりサスペンス!!!ドラマ仕立てで、かなり本格的に作っております。

今日は撮影当日でした。集合してから帰宅までの時間がなんと5時間!本気です。

それもこれも皆さんに楽しんでいただくため。。。。。人のために何かをすることはいいことですね(^^)

なによりも休日にもかかわらず協力してくださった先生方に感謝です。

撮影楽しかったですね☆

完成が楽しみです。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/saitama/”>埼玉の塾なら個別指導の学習空間</a>

 

 

 

 

 

 

ばあちゃんの 花梨ジースが 凄いらしい。

個別指導塾の学習空間、坂戸東教室の望月です!
めっきり寒くなってきましたね。
私は季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね。

ここ最近は家でも風邪が流行っていて、
妻や子供たちの咳の大合唱を近距離でくらっている日々を送ってきます。

そうしたら昨日からやはり風邪がうつされました。(>_<)

喉が痛いです。。
皆さん喉が痛くなったらどうしていますか?
マスク、喉薬、のどあめなどなど何かしらの手当をする方が多いと思います。

私のお勧めは「花梨ジュース」です。
喉を痛めた日は花梨エキスをお湯で薄めて、はちみつやショウガを混ぜて
飲むと次の日には瞬く間に治ってしまいます!

それはいくら何でも大げさだ!という目の前のあなた。嘘だと思っていませんか?
でもこれが本当なんです。
花梨は喉の痛みを解消するのに一番の効果があると経験上学びました。

私が花梨と出会ったのは中学生の時です。
家の庭には花梨の木がありました。
秋になると庭には花梨の大きく黄色の実がなり、ほのかに匂いが香ってきます。

といっても少年時代は全く気にもなりませんでしたし、
そもそも食べた記憶もないので、食べれるなんて知りませんでした。

ある日、喉がいたそうにしていたら
同居していた祖母が花梨を飲みなさいと言ってきました。
すると、祖母は引き出しの奥からあやしー瓶に入った、
ちょっと黒茶色の液体を持ち出してきました。

しかもラベルには祖母の書いたであろう文字で「花梨ジース」

・・・

「ジュース」だから!(´◉◞౪◟◉)

と軽く突っ込んでしまう感じです。

そんないつ作ったかもわからない様な液体に、
流石に怪しすぎて最初は拒否しました。

が、孫思いの祖母は引きさがりません。
「いいから飲んでみろ。薬なんか飲まなくても花梨さえ飲めばすぐ良くなるぞ」
と半ば強制的にコップに注ぐ祖母。

ばあちゃんがそこまで言うならと飲んでみたところ、
喉を通った花梨が腫れている箇所を優しく包んでくれるような感覚になりました。
イガイガ感が緩和されて、かつ身体もポカポカ。

「結構いけるぞ」とお代わりをする私。

その時ははじめの印象とは大分違いました。

次の日、起きてみるとなんだか喉が痛くありません。
あれだけ痛かった喉が・・・・感動で言葉が出ないくらいです( ゚Д゚)

ばあちゃんの知恵袋凄いなっと感心しました。

「ジース」の文字を除いては(´◉◞౪◟◉)

それからは花梨の虜です。
のどが痛くなったら花梨、
大きくなってもその習慣は変わりません。

少しずつ寒くなってきて花梨が恋しくなる季節となってきました。

ぜひぜひ皆さんのなかにも

「花梨ジース」(´◉◞౪◟◉)

をご賞味したことがない方がいらっしゃったらお試ししてみてください。

また、受験生でもし体調が悪くなりかけたらぜひ飲んでみてください(^^)/
きっと体も喉もぽかぽかした気持ちにさせてくれるでしょう。

みち@実家で花梨信者は私だけ!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間
坂戸市の個別指導をお探しなら学習空間