2015年 10月 の投稿一覧

ハロウィンと隕石

個別指導塾の学習空間、入間藤沢教室、上尾西教室の篠原です!

今週末はハロウィンですね!

クリスマスはほとんどの方がなじみあるイベントとなっているかと思いますが、ハロウィンはまだなじみあるイベントとは言えないかと思います。

でもそんなのもったいない!ということで、10月31日、入間藤沢教室にて、「ブログ見ました。Trick or Treat!」と言ってくれればお菓子と追加のトレペを差し上げます。勉強もハロウィンも楽しみましょう!

ところでハロウィンの日に隕石が接近するそうですね。ぶつからないとはいわれていますが不安は不安。ぶつかったりしたら地球が滅亡してしまうかもしれません。

最近生徒と話す中で、何月何日に地球が滅ぶというような予言の話をしました。その子は心底不安そうでしたが、不安がなくなるような考え方をしましょう。
まず、世界に予言者というような人は何人いるのでしょうか。
ネット等を使って世界に配信している人だけでも10000人はいるでしょう。それだけ多くの人がそれぞれたくさんの予言をしています。一人3つの予言だけで30000もの予言が作られます。

何が言いたいかというと、予言とは宝くじのようなものです。当たればラッキー信者もできて有名になれるよ!外れたときは話題にすらならないがペナルティーもない。中には本当に予言ができる人がいるのかもしれません。が、多くは宝くじ状態でしょう。

これはあくまで私の個人的な考えです。地球が滅びるかもしれない、と不安になってしまってる人はこれで不安が少しでもなくなると幸いです。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

結婚式

★☆個別指導塾の学習空間、坂戸西・北本教室の清水です☆★

10月25日の日曜日
私にとって忘れられない、貴重な経験ができました。^ ^

その日は高校時代からの友人の結婚式だったのですが
そこで友人代表スピーチをお願いされました。
いや、普通はお願いされるものですが
今回はどうしても新郎との思い出や人柄など
参列された方に伝えたいという思いから
スピーチを立候補したことからこのような展開になりました。

指導後そのまま山梨へ向かい、車中は頭の中でずっと
スピーチの内容をぐるぐるぐるぐる、何度もなんども
緊張を和らげるように繰り返していました。

自宅に着いた頃には内容もまとまり
なぜか変な自信がつき、緊張もそれほど無くなっていました。

変な自信を持ったまま式場に向かっていると
普段はメガネの私も、出かけるときはコンタクトレンズにして
いるのですが、コンタクトレンズを忘れていたり
普段サンダルでいることがほとんどだったので
革靴を忘れていたり
新郎新婦にサプライズで渡そうと思っていたプレゼントを
埼玉のアパートに忘れてきていたり・・・
結局、ど緊張しっぱなしでした。

式場につき、挙式に参列し、いよいよ披露宴!
目の前には美味しそうな料理が置かれていましたが
食べている余裕もなく、スピーチの内容をひたすら繰り返していましたw
いよいよスピーチの順番になった時、なぜか緊張もなくなっており
会場をドッカンドッカン笑いの渦を巻き起こすほどの
大成功で終えることができました!!(と勝手に思い込んでいます。)

そのあとは美味しい料理をいただき
新郎新婦と写真を撮ったり、なかなか会えない友人と
昔話をしたりと、夜の12時までわいわい楽しんでいました。^ ^

今回、学生時代に出会いの大切さを改めて感じました。
学生時代、ふざけあったり、笑いあったり、時にはケンカしたりと
そういった1つ1つの出来事を10年以上経った今、笑い話にできる
ことが幸せなことだと思いました。

私自身、生徒の皆さんに今の友達との出会いの
大切さを伝えていきたいと感じました。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

今年もあとわずか・・・・・・

個別指導塾の学習空間、鴻巣西・本庄南教室の高橋です☆

いや早いですね!
今年も残り今日でちょうど70日!
あと70回寝たらまた新年になりますね・・・
あっという間の2015年になりそうで焦ってます(@_@;)

さてさて、中学生・高校生のみなさんは、中間テストが終わったーという生徒がかなり多いのではないでしょうか??
そしてまじかに控えた合唱祭など、3年生にとっては、中学校生活を締めくくるイベントがありますね!
よく生徒に何歌うの~?と聞きますが、私の中学生時代に歌たったものばかりでした!
そこまで、年が経っていないように錯覚させてくれます。
イベント事が好きな私にとって、もう見に行きたくて仕方ありません・・・。
行けないんですけどねww
来年こそは!行きたいと思います!

みなさんは、今年やり残していることはありませんか??
私はやりたいことが多すぎて、やり残しまくりそうです。。。
1、何かの資格を取る(できれば、医療系の資格が取りたいななんて思ってます。母親と姉の影響です。母親は歯科衛生士・姉は看護師です)
2、体力をつける(相方の先生に勧められて始めたランニング。結局3回しか走ってません笑。形から入るタイプです。)
3、腹筋を割る(今でも薄らと割れていますが、目指せ8個!!)
4.自炊をする(これは、9月の半ばくらいから継続してます。)
まだまだあるんですけど長くなるので。。

ちなみに、4のおかげで、清水先生と永澤先生が泊まりに来る頻度が上がったように思いますwwww
2人ともさみしがり屋なんですね(笑)
最近はmy houseで立ち飲みしました笑
実はのカウンターキッチンなんで!
意外と盛り上がりました↑↑

今年も頑張って料理していきたいと思います!!!
保護者の方からも食材いただいたりとすごく充実してます

PS,カボスのおいしい食べ方知ってる方教えてくださいww

ではまた次回(^.^)/~~~

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

季節の変わり目

個別指導塾の学習空間、桶川&本庄南教室の五味です!

最近、昼夜の寒暖の差が激しくなってきたように感じます。教室でも季節の変わり目に伴って、体調を崩したり、風邪をひいて休む生徒がちらほらいます。この時期は中間テストが多いので体調管理には気をつけたいですね。

わたしも埼玉に来てから、2年ほどは体調管理について特に意識していなかったせいか、季節の変わり目ごとに風邪をひいていた記憶があります。
思い返すと年に4~5回風邪をひいていたような気がします。

大抵は、生徒から風邪をうつされることが多かったのですが、私のほうから生徒にうつすこともありました。そこで私は数年前から、季節を問わず教室では必ずマスクをつけるようにしています。

これをするようになってからほぼ風邪をひくことがなくなりました。

市販しているような「ウィルスや花粉を~%除去!」みたいな機能性に優れたものではなく、ただの使い捨てマスクなんですが、非常に効果があるように思います。

極端なことを言うと、「うがい、手洗いなんかしなくてもマスクしてればOK!」ぐらいな感じです。

ですから、風邪をひいている生徒にはマスクの着用を勧めるのですが、結構断られたりします。なぜでしょうか? 

もっとマスクの優秀さを認めてほしいものです。今年は新型ノロウィルスも登場したようですし、これからの季節は特に風邪に気をつけなければならないと思います。

生徒のみんなにはマスクを着けて風邪予防し、勉強に励んでいただきたいと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

勝負の秋!

個別指導塾の学習空間、入間藤沢教室と川越南教室の間宮です!

先週、今週とテスト期間に入った教室が多いと思いますが、テスト前の教室の雰囲気はやはりいいですね!

絶対にテストで良い点をとる! という皆さんの気持ちが伝わってきます。
 
さて、テストが目前に迫ってきた時にこう思ったことはありませんか?

「あと1日あれば全部覚えられるのに…」「もう少し早くテスト勉強を始めていれば今こんなに苦労しなかった…」 これは私自身も思ったことです。 

そして次こそは早めにテスト勉強をやろう!と思っても、強い意志が無ければ、テストが終わったという開放感に負けて気が付いたらまたテスト!? という悪循環に陥ってしまいます。 

そこで、この悪い流れを断ち切るためにも次の期末テストまでの1カ月本気で勉強してみましょう!! 2学期の期末テストが重要な理由は2つあります。

1つは中間テストからの期間が約1カ月と短いことです。 期末テストから3学期の期末テストまでは2カ月以上もあります。

1カ月と2カ月、目標を立てやすいのはどちらでしょう? 断然1カ月です。

その日の目標を達成できない人が、1年後の目標を達成することはまず不可能です。

期間が長くなればなるほど、1日2日でどうにかはなりません。1日1日の積み重ねをしっかりできてこそ達成できます。 

なので、勉強熱が醒めきらないうちに期末テストに向けて取り組みを始めましょう!

 2つめの重要な理由は3年生にあります。3年生のみなさんは知っていると思いますが、高校へ送られる成績は3年の2学期まで。 

ということは合格を勝ち取るために必要な学校のテストは中間テストが終わればあと1回しかないのです!! 

あと1回、あと1回? あと1回…あれほど嫌いだったテストもあと1回しかないと考えるとなんだか寂しくなりますね。 本当に大切なものは失って初めて気付くんだそうです(笑)

冗談はさておき、泣いても笑っても期末テストが終われば、入試に向けてノンストップで周りは動いていきます。 後悔をしないように今を全力で頑張ろう!
埼玉の塾なら個別指導の学習空間

想像してごらん。

☆個別指導塾の学習空間、坂戸西教室・学習空間プラスの永澤です☆

みなさんこんにちは。

もう10月ですね。

いと早し。

暑さも和らいで、過ごしやすい季節になりましたね。

私の家は、外気に比べて、2℃くらい低いのではないか、

というくらい、涼しいです。むしろ、寒いです。

昨年の話ですが…

ある冬の日、エアコンの掃除を終えて、暖房をかけようとしたら、

「あれ? 付かない…」

そうです。エアコンが壊れたのです。

〝想像してごらん。

冬の日、外気より2℃低い部屋で、エアコンが壊れた時のことを…″

(『Imagin』 by John Lennon をインスパイア)

しかも、元旦だったので、すぐに修理に来てもらうことができず、

2、3日、毛布にくるまって生活をしていました。

もちろん、服を2重、3重にして暖かい恰好をしていたのですが、

何せ、外気より2℃低いわけですから、

そんなのじゃ、温かくならないわけです。

もう一度歌います。

〝想像してごらん。

冬の日、外気より2℃低い部屋で、エアコンが壊れた時のことを…″

(『Imagin』 by John Lennon をインスパイア)

でも、あの経験を経て、温かいことのありがたみを、

身をもって知ることができました。

ちなみに、その壊れたエアコンはかなり古かったらしいので、

最新のエアコンに変えていただくことができました。

以前のものより強力で、暖かさがハンパではありません。

その温かさに私は感動さえ覚えました。

今でも私は、あの暖かさをかみしめながら、寒かった日のことを思い出します。

忘れられるはずもありません。

あんなに寒かったのですから。

もう一度歌っておきますか?

〝想像してごらん。

冬の日、外気より2℃低い部屋…………″

人は、つらい経験をすると、強くなれる気がします。

あえて、逆境に立ち向かうことも、成長の一つですね。

最も今回は、なりたくてなったわけではないのですけどね(;´・ω・)

みなさんもテストが近いと思うので、

テストという壁に立ち向かって過ごしてください。

Go for it!!!!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

アーティスト

◎◎◎個別指導塾の学習空間、坂戸東教室・北本教室の沖村です◎◎◎

人生を歩んできて、一つ、特殊な壁にぶち当たったことがある。

それは、芸術である。

よく、巷で耳にするのは、芸術に完成がないということだ。

完成品とは、ことばではあるが、実際のところ、完成していないかもしれないのである。

芸術に携わり、様々なことがわかってきた。

自己満足、自己評価、などがあるが、実は大変重要である。

自己評価を高め、自分自身が納得をし、満足していることは、第三者へ対してもかなり有効であり且つ必須である。

そして、自分自身が第三者の目を持ち、使える道具は駆使し、高めていく。

やはり、最終形態は、第三者からどれだけ評価して貰ったかであり、その評価が反省へと繋がり、次へと路を決めてくれるのである。
先日のテレビでは、ノーベル賞取得のインタビューは、絶対に諦めないこと、継続し続けること、何回も失敗すること、忍耐強く行うこと、などの話があった。

様々な場面において、大変役に立つ話である。

しかし、
突き進んでも、突き進んでも、何かワンピース足りない、と思わされる芸術。

完成したと思っても、またすぐに未完成に気付く芸術。

繰返し繰返し、同じ歩みを繰り返しているようにしか思えない芸術。

成果がなかなか目に見えない芸術。

何年やっても、終わりがない、終わりが見えない芸術。

ゴールが見えたかと思いきや、振り出しに戻されたような気になる芸術。

人間が、きっと、欲深いからなのだろうか。

満足の先に、常に不満足があるからだろうか。

満足の隣は、常に不満足。
ならば、不満足の隣は、常に満足があるのだろうか。
このように、終わりが進化がなかなか見えない芸術なのだが、

一つだけわかったことは、10回よりも100回。それよりも1000回。10000回。と
努力を重ねたことにより、確実に前進はしているということである。

歩みさえ、止めなければ、後退はないのである。

例え、一時的に、前に進んでいないように感じられても、実は進んでいるのである。

ただ、それは、見えない、感じない、だけである。

その時は、じっと我慢をすることだ。

チャンスを待つのである、結果を待つのである。

ただ待つのではなく、歩みを続けながら、待つのである。

ゴールはないかもしれないが、
一つ一つの壁であるミニゴールはあるはずだ。

そこに向かい合い、乗り越える力を身に付けたい。

今、皆さんが置かれている状況は、一つ一つの壁を越えていくこと。

慌てていても仕方がない。
焦っていても仕方がない。

一つ一つ、自分自身を信じて突き進む勇気を持とう。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

on the road 2015.10.1

夢を翔ける少女

個別指導塾の学習空間、坂戸東教室の道広です!

先日、卒業生が教室に顔を出してくれました。
今年高3生で無事就職が決まったと笑顔で報告に来てくれました。
嬉しい報告ですね^_^

仕事の内容を聞くと建築の現場で内装等を手掛けるとのことで、
その生徒からは全く思いもつかなかった職種なのでとても驚きました。
体力的にも辛いだろう仕事なので
こちらがやっていけるのかな?と心配になってしまうぐらいです。

それでもその生徒が決めた仕事であれば是非頑張って勤めてほしいなと思います。

話をしていくと
なにやらその子はその会社で頑張って働いて、
お金を貯めて海外に一人旅に行くのが目標のようです。

とてもワクワクする夢ですよね。
私も海外放浪の旅がしたいです(T_T)

18歳、これから続く人生に向かって夢いっぱいな生徒を見て、
ふと私はとても憧れてしまいました。

私自身も常に夢を持ちロマンを語り続けたいなと思います。

一番衝撃だったのは
その教え子の保護者にご挨拶をしたのですが、
保護者に開口一番

「先生なんだか顔がふっくらされてきましたね」

と言われてしまいました。。。

はい、がんばりますm(__)m

みち@「先生はいつもお変わりないですね~」と言われたい!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間
北辰対策でお困りならクリック

ケンカしないよーに

個別指導塾の学習空間、桶川・鴻巣西教室担当の貝塚です!

中間テストが近づき、高校入試も5ヶ月後となりました。
毎年どこの教室、どこの塾もこの時期はてんやわんやしていると思います。

テストが近づけば近づくほど焦る気持ちがうまれ、いらいらしている生徒を
よく見かけます。

その流れで親とけんかしてから来る生徒もよく見ます。

私が中学3年生の頃、同じ時期でやはりけんかをしたことがあります。

勉強しろと言われたことはほとんどなく、内申点にかかわる大事な期末テストでひどい点数(本当にひどい)点数を
とった時のことです。

移動中の車で口論になり、よくある「親に言ってはいけない言葉」を言ったことがあります。
その言葉を言った瞬間、。。。。。。。。。。orz

恐かった。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ふつうにキレていました。
何かを諭されるわけでもなくただただ怒られました。はじめて鬼を見たのもその時です。

ただ読んでいる生徒にわかってほしいのは、親・大人だって人なので、言動や行動がよくないとイライラします。
大変なのはお互い様です。
だからぜったい失礼なことを自分の親や、周りの大人に言ったりしないでください。

そしてイライラしながら無理やり勉強しても伸びません。
覚えるのが早くもならないし、わからない問題がすぐできるようにもなりません。

どんなにつらくても、覚えられないものは覚えられるまでやることと、解けない問題は解けるまで解くしかありません。

あわてずゆっくりコツコツと進め、きつかったら休めばいいです。(休みすぎると勉強しろと言われるので気をつけて)

一緒に頑張っていきましょ(^u^)

※ちなみに、私は勉強はまったくしませんでしたが、部活の練習は皆さんの勉強時間の2倍はしていたので何とかなりましたワラ

埼玉の塾なら個別指導の学習空間