2014年 10月 の投稿一覧

『判断力と集中力と忍耐力と・・・』人間って、すんごいな。

☆★個別指導塾の学習空間、坂戸東・北本教室の沖村です★☆

皆さんは、あるA地点からB地点に行くのに、どの路を選びますか?

1、何も無い一本道。何も無いが故に何があるかわからない。近いのか遠いのかもわからない。

2、凸凹路。凸凹過ぎて到達するのに苦戦しそう。しかし、近道。

3、クネクネした路、かなりクネクネしているが、それ以外は特に何の変哲もない。ただ、少し遠回りはしていそう。

4、上り下りが激しい路。厄介だが、近そうだ。

5、薄暗い森の路。途中、何が出るかもわからない。ただし、間違いなく一番近そうだ。

6、街を抜ける路のようだ。娯楽の誘惑に負けかねない。ギャングに襲われるかもしれない。しかし、飽きず、楽しみもありそうだ。

正解は、ありません。

しかも、たったこれだけだと情報が不足しているようにも思えてきます。

しかし、

人生は、各々がこんな路選びに立たされているのではないでしょうか?

どこを選ぶのかは、各々の判断です。

無論、相談する方もいるでしょう。

そう、判断力、ですね。

どの路を選択するのか、様々な条件を天秤にかけて、結論を出すわけです。
何を重視するかも各々が考えます。

判断力を身に付ける方法は、いくつもあります。

その一つに『勉強』があると考えます。

このように考えられるようになったのは、学生を卒業するころ、だったでしょうか。
それまでは、なぜ勉強するのか、学習するのか、答えが出ませんでした。

生徒である皆さんにも、いつか自分自身が勉強することで、本質的に何が得られるか、わかる日が来ると思います。既に理解している方もいると思います。

勉強は、ただ、受験を乗り切る、ただ行きたい学校に行く為にする、ではないとも感じます。

しかし、今は、それだけでも良いです。

自分自身が、やりたいことを見つけに、よき出逢いを求めて、受験を勉強をやりきりましょう。

1日、1週間、1ヶ月。講師である我々も同じです。どれだけ一生懸命になれましたか?

正しくは、一所懸命ですか。

どれだけ一所懸命になれましたか?

その1日の、一瞬の、精神が、行動が、

先々に自分自身を変えてしまう力を持っています。

人間、知らず知らずでも、確実に変化していく、と認識して止まない今、です。

on the road 2014.10.26

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

生徒とともに

☆★個別指導塾の学習空間、入間藤沢・上尾西教室の花岡です★☆

最近めっきり寒くなってきましたね。

風邪などひかぬよう気を付けてくださいね。

さて今回は我が教室のとある生徒との話について。

先日ディズニーランドに行ってきたとのことで、写メを片手に色々と話をしてくれた。
もっとも、ディズニーランドに行くということは先週話してくれていたので、「どうだったの?」と話を切り出したのは私の方だ。

指導中のちょっとした時間にそんな雑談を楽しんだわけだが、彼女との雑談の後にはいつも思い出すことがある。

それは、彼女が入塾後ちょっとしてから交わした会話のことだ。

彼女「明後日休みます。」

私「うん。どうしたの?」(^○^)

彼女「ちょっと出掛けるので。」

私「へー、どこ行くのさ?」(゜-゜)

彼女「別に言いたくありません。」

私「・・・・・。」(;・∀・)

その時はもうそれ以上聞けなかった。

彼女は上尾西教室の第1期生。
上尾西教室オープンのチラシを見た親御さんが、初日に電話をしてきてくれたことが出会いのきっかけだ。
週3回、私の曜日に通塾してくれることになったが、入塾後しばらくはあんまり上手にコミュニケーションをとれなかった。

それから早いもので1年7ヶ月。

今ではいろんな話をする。

今日あったこと。
人間関係の悩みや思い。
もちろん、進路や勉強のことも。

そして何気ない会話の後には必ずその時のことを思い出して、ちょっぴり楽しくなる。

以前彼女にその事を話したら「覚えてるよー。あの頃は、ね。」と言って笑ってた。

それ以降、あんなにも痛烈に会話を拒否される経験はないが、改めて思う。

学習空間は勉強を教える「塾」だが、根本理念は「生徒を育てる」であり、それには人間関係の醸造は必要不可欠。

何より、私たち講師自身が、生徒のことをもっと知りたい、もっと信頼関係を深めたいと考えている。

だからいろいろ生徒と話をする。

そうして今後も、生徒一人一人が安心して通い、前向きに学ぶ教室を作り上げていきたい。

@みんなー、中間テストお疲れ!

on the road 2014.10.22

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

『釣り歴23年』

◇◆個別指導塾の学習空間、坂戸東・北本教室の沖村です◆◇

先日、家族と釣りに行きました。

しょっちゅう行きます。

釣りと言っても、普通ではありません。

簡単にお話すると、釣りを初めてやったのは、記憶にある限りでは小学1、2年生の頃に家族と海釣りをすこーしだけ。

本格的に始めたのは、中1になってからのブラックバス釣りを友人と。

勿論、小学1、2年生のときに買って貰ったやっすい釣具セットを使って。

それから、中2に引っ越し、ブラックバス釣りから海釣りへ移行。

中学生のときは、家族もしくは友人のお父さんに連れて行って貰いました。

高校生になり、年間で約30 40回ペースで通ったと思います。

釣り歴は、23年。あ、歳がばれますね。(笑)

竿は、今では約20本はありますね。

釣りの醍醐味は、ここでは打ち切れません。

少しずつ紹介します。(笑)(笑)

マニアっぽいですね。(笑)

まあ、私は、様々なスポーツを体験してきましたが、その一つ、ということで。マニアではありませんが、マニアです。(笑)

釣りから学ぶこと、それは第六感だけでなく、コミュニケーション能力、集中力、忍耐力、洞察力、管理能力、挑戦力、創意工夫能力、安全危機能力、体力などなどが身に付きます。

釣りとはいえ、9割9分、釣り堀ではなく自然の海を相手にするので、簡単には釣らせてくれません。

まともに釣れるようになるまで、何年もかかりました。釣りの雑誌や本は、百冊を超えました。

研究しに研究を重ね、何冊読んだかわかりません。

学生でお金もなかったので、図書館でよく20冊借りては読んでいました。

わからないことだらけなので、1からでした。

研究→実践→反省→研究→実践→反省の繰り返しでした。

あれ?何かに似てますね。そうです!勉強ですね!

そう、調べることは大事、反省も大事、なんですよね。確かに、好きな釣りと勉強は、状況が違うかもしれませんが、私は、受験時代にこの経験が活きたような気もします。

知らないこと、わからないことを調べて磨いて本番で実践。楽しくないですか?

釣りのあとは、釣り日記帳をつけていました。直ぐに書かないと忘れてしまい、面倒臭くもなるんですよね~これが!

ただ、これをつけていったことが後々の成功へとつながりました。

場所、日時、天候、潮、風向き、潮の流れ、同行者、何時にどこでどうやって釣ったか、周りでは何が釣れていたか、情報収集の結果、釣り場や釣り道具仕掛け等の図、などを書いていました。あれ?何かに似てますね!

そう!デイリーチェックですね!皆さんもデイリーチェックをきっちり書きましょうね!

釣りは、学ぶことが多い、というわけで、続く!

On the road 2014.10.21

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

よーかいうぉっち とやら

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室&学プラ講師の永澤です。

最近、 よーかいうぉっち というのがはやっているらしい。

全然わからん。

わかるのは、

出てくるモンスターが

妖怪であろう

ということだけ…

たぶん。

まあ、要するにあれだ、

ポケモン

みたいな感じなわけだ。

たぶん。

生徒のバックについているキーホルダーを指差し、

私:「これ何?」

生徒:「コマサン!」

私:「ゴマさん?」

生徒:「コマサン!」

この会話、実は3回目。

どうやら、白くて青い模様のやつは

コマサンというらしい。

またまた別の生徒に

私:「これ何?」

生徒:「ジバニャン。」

私:「…」

生徒:「ジバニャン!」

だそうです。

生徒が持っている妖怪ウォッチの下敷きを見ると、

このジバニャンとやらが、センターにいたのです。

ポスト ピカチュウ!

それを見たとき思ったのです。

ポケモンをやっていた時が懐かしい…

と。

歌にのせて、ポケモン151匹覚えたあのころ。

友達と競い合ったレベル上げ。

連打しまくったゲームボーイ。

時代が再び繰り返されようとしているのです。

相方の清水先生に、

私「これ、ジバニャンっていうらしいですよ。」

清「ほー…」

そんな会話をしている自分を振り返って、

おっさんになったな、

と思った今日この頃でした。

ジバニャンはもう忘れないぞ!

たぶん。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

整理整頓

個別指導塾の学習空間、桶川・鴻巣西教室担当の貝塚です!

今日は片付けの大切さについて書きます。
このブログを見ていただいている方はほとんどが生徒さんか保護者の方が多いと思います。

突然ですが皆さんの部屋はキレイですか?

何年間もいろいろな生徒を見てきて勉強が苦手な子の共通点があります。
それは整理整頓ができないということです。

基本的に勉強ができない子のほとんどはめんどくさがりです。

・小学校の頃は全教科の教科書をランドセルに入れておく。

・数学は途中式を書かないで頭で計算してしまう。

・学校のプリントは折って教科書やノートに挟むだけ。

・字が汚い。

などが典型的なめんどくさがりの症状です。(ちなみに当時の私は全部当てはまりますワラ)

これらのことは言い換えると”整理整頓ができない”ということになります。

全教科をランドセルにいれる⇒中身を整理整頓できず、時間割をきちんと確認する時間がなく忘れ物をしてしまう。そしてランドセルが重くつかれる。

途中式を書かない⇒頭の中で考えを整理できずわからなくなってしまい、答えを見てもどこを間違えたかわからなくなってしまう。

学校のプリントを折ってはさむだけ⇒ノートが整理できず、必要なプリントを必要な時に見ることができない。テスト前になくしてしまう。取り出すときにまき散らしてしまう。

字が汚い⇒読んでいる文章を頭で整理することができず読んでいる自分でもわからなくなり覚えずらい。

そして厄介なのがめんどくさがってやらなかった分さらにめんどくさくなるということ。
ランドセルが重い。間違えたところがわからなくなり直しがめんどくさい。プリントを探すのがめんどくさい。字が読みづらくて疲れる。

まさに負のスパイラル。

では反対に今書いたことを整理整頓したらどうなるでしょうか。

・時間割どうりの教科をいれる⇒忘れ物が減りランドセルが軽くなり疲れが激減!反対に忘れ物した子に貸してあげる子ができてモテモテ♪

・途中式をしっかりとかく⇒自分のわからないところがわかるようになり点数UP!学校の先生も教えやすい(●^o^●)

・プリントをきちんとノートに貼る・管理する⇒テスト前にあわてることがなくなる、まき散らさなくなる。勉強もスムース♪

・字がきれい⇒読んでいる自分がわかりやすく、つかれない。女子にモテモテ。。♡

簡単に書きましたがすぐに実践できることばかりです。
勉強をがんばる! 何をがんばるのかは人それぞれ。
何をがんばったらいいかわからないときは、まずは整理整頓してみたらいいんじゃなかな?^_^

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

埼スタにいく後半戦

個別指導の学習空間坂戸東教室の道広です!

2歳の娘とサッカー観戦をしに、埼玉スタジアムへ。

前回のネタはこちらです。
埼スタに行く①

当日は最寄の浦和美園駅近くにあるイオンへ。
車を停めて(無断駐車では無いですよ)
スタジアムまですたこら歩きます。

おおよそ駅からスタジアムまで徒歩15分程度です。
久しぶりのサッカー観戦でワクワクする私。
なにもわかってない娘。

スタジアムに近づくと徐々に声援が聞こえてきます。
照明ライトと観客の声援に包まれたスタジアム目の前に見えてくると興奮から
自然と足早になる私。
娘を覗くとベビーカーで目を輝かせながら何かを指さしています。

そうかそうかお前にもこの興奮が伝わっているんだなと思っていると、
娘の指す先には大好物のアイスクリーム屋さんが。
・・・・・そんなもんだよなと思いながらアイスクリーム屋さんをスルー。

スタジアムにつくとベビーカーを預かって貰い、娘を抱えながら観戦席へ。

初めての埼スタでちょっと感動の私。
いつもとは違う雰囲気に娘も興奮。
・・・・そしてお菓子をせがむ娘。

そんなこともあろうかと、お菓子を大量に用意してました。
たまごぼーろ、クッキー、せんべい、おにぎり、サバ寿司(私の夕飯用)
どれがいい?と娘に聞きながらもサバ寿司をなにげなく隠す私。

娘は自分でお菓子(サバ寿司以外)を選び、ちょこんと座りながらお菓子をもぐもぐ。
よしよし、作戦通りだ。
と娘の機嫌をとりながら試合が始まるのを待ちわびていました。

そして試合はキックオフ!

ワクワクの私。
途端にトイレにつれてけとせがむ娘。

え?(私)
我慢できない?できないの?(私)

と・い・れ!
といれトイレといれトイレといれトイレといれトイレ
と・い・れ!!!(娘)
*こんなにはっきりとは話しません。

とりあえずトイレGO。

予想できた展開でしたが、キックオフ早々暗雲が・・・・・

m(__)m長文になりましたので・・・・まさかの延長戦へ!m(__)m

無事サッカー観戦はできるのか?
無事娘はサッカー好きになれるのか?
サッカーを通して娘と父親の絆が深まるのか?

みち@ネタ切れというわけではない!!!

 *10月13日(日)10月14日(祝日)はテスト対策坂戸東やりますよ! 
 中間テストでいいてんとろー!!!

北辰対策でお困りならクリック

ことわざ・慣用句

個別指導塾の学習空間、川越南・鴻巣西教室の高坂です!

台風が去りましたね!
今日はまさに台風一過、温かい一日になりました。
この秋の時期は、天気によって寒暖が激しくなりますね。
風邪や体調不良には十分注意しましょう!
・・・川越南教室のとある高校生はもう早速体調不良でしたねww

さて、
中学三年生は10月の北辰テストが終わったー!と思ったら
もう中間テストの時期ですね!!
そんな中、
今回のテスト範囲の国語で慣用句やことわざや故事成語が出題される中学があるので
ここのところよくことわざについて問題を出したり解説をしています。

そこでふと、
私はいつ、ことわざや慣用句について勉強したかなーと考えました。
故事成語に関しては机に向かって意味を覚えたり、
学校の授業で故事を聞いて意味を覚えていた記憶がありますが、
ことわざや慣用句については机に向かって勉強した記憶が無いんです!!
はて・・・何で覚えたのか・・・

そして思い出してみると、
どうやらテレビや漫画などあまり勉強と関係の無いところから
覚えていったようです。

知らない言葉や言い回しがあった時に、
私は母親に「○○ってどういう意味?」と結構しつこく聞いていました。
そんな私に対し母親は
「あんたの質問はたまに分からない事聞いてくるから怖かったわww」
と言われたことを思い出しますww

みなさんも分からない言葉・知らない表現があったらおうちの人に聞いてみましょう!
そして、おうちの人でも知らない言葉であれば
今や便利なインターネットで調べてみたり、
辞書を使ってもすごくいいですね!

普段の何げない生活に勉強のかけらは散らばっています。
なんとなくで通り過ぎずに、
足を止めて考えられると良いですねー!!!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

不審者X

個別指導の学習空間、入間藤沢、川越南教室の間宮です!

先週あった出来事ですが、お昼に自宅で休んでいたところ、玄関でガチャガチャと音がし始めました。

誰か人でもいるのかなと気になってモニターで確認したところ、全く知らない人物Xがカギを開けようとしていましたΣ(゚д゚;)  Xは自分のカギ?によほど自信があったのか、カギを開けようとひたすらガチャガチャしていました。「え!?」、「誰だコイツ」、「ドチラサマデショウカ」などと数秒くらい思っていたところで、侵入されるかも!とさすがに焦り始めました。 
幸い私の住んでいるレオパレスはALSOCに入っていたため、何かあればレスリングの吉田沙保里選手が駆けつけてくれるので安心です!(実際に駆けつけてくれるのはALSOCの警備の方ですw)
そのALSOCに電話をしようかと思っていたところで、鍵ガチャ不審者Xは消えていきました。部屋を間違えたのか空き巣だったのかは分かりませんが、このときほど鍵をかけておいてよかったと思ったことはありません。
鍵をかけるのは当たり前のことですが、うっかり忘れてしまうことも人間なのであります。油断大敵ですね。
皆さんも戸締りには十分気をつけましょう!

話は変わりますが今日は北辰テストがありましたね。3年生の皆さんは雨の中大変だったと思います。北辰テストを頑張った後も、中間テストにむけて、日曜講習を頑張る姿勢は素晴らしいですね!その頑張りはかならず実を結びます。今週もまたがんばりましょう!
埼玉の塾なら個別指導の学習空間

運動の秋

☆★個別指導塾の学習空間、坂戸西・北本教室の清水です★☆

最近生徒と話をしているとよく
「体育祭」、「新人戦」
という言葉をよく耳にしていました。
そんな話を何度も耳にしているうちに
久しぶりに運動したいなぁ
と思うことが多くなっていました。

そんなことを考えるようになっていた
先月のあるお休みの日、車の中の掃除をしようと思い
中をあさっていると昔趣味でハマって買ったダーツをみつけました。

まさに運命的な出会い。
多い時には週3,4日のペースで行くほどハマっていたダーツ。
本来の目的のことなど一瞬で忘れて、
すぐさまでかけることにしました。

単純に見えるようで、意外と奥が深いのも魅力で
持ち方、立ち方、投げ方など人それぞれ違います。
やる気は満々。
昔のことを思い出し、いざっ!!

・・・・・結果は

・・・・・泣けてきました。

ここまで衰えたかと笑
またやる気に火が付いてしまったのでこれからも
定期的に通おうと思い、気づけば3時間ほど
やっていました。笑

久々に体を動かすとすごく充実しますね。
部活動を引退してから受験勉強に専念している3年生は
たまには頭を休めて、体を動かしてリフレッシュするのも
いいですよ!!!

今だから話せますが、その後3日間ほど
腕と足が筋肉痛になっていました。
体の衰えを感じた今日この頃です。