2013年 10月 の投稿一覧

『プロのお手本ラーメン屋さん』

個別指導塾の学習空間、坂戸東・坂戸西教室担当の沖村です。

皆さん、いかがお過ごしですかー?

ブログの順番が回ってきやしたぜ!

ひひひ・・・(^v^)

埼玉の先生のブログ、面白くない?

私、結構、好きですよ~

特に、待ち時間?!に読む機会が多いですね~

学習空間の生徒の皆も読んでくれていて、中には、わざわざコピーまでして保管してくれている生徒も

います!これは、凄い!!

というわけで、

今回のブログは・・・

どうぞー

また今もいつもとかわらぬラーメンが提供されてきた。

そう、今いるのは近所にあるいきつけのラーメン屋である。

うんめー。と食したあとに思わず言ってしまうほど、とにかく旨い。

仕事柄、朝方、夜中に帰る私が通うラーメン屋は4つあるのだが、そのうちの一つである。

先日のブログにも書いたことがあるのだが、ラーメン屋といえば、気づけば約600店は行った程のラーメンマニアである。

そんな中でも5本指に入るラーメンがここにある。

このラーメン、先日の花岡先生のブログにあったような担々麺、いや、担々担々麺?程のボリュームではないが、一般的にはボリュームもあると思う。

まあ、大盛りにすれば、の話か。

それにしても、花岡先生は、本当に二イテン誤認マエの担々担々麺を食したのだろうか?

これを読んでいる君、花岡先生に聞いてみてくれないか?こっそりだぞ?この話を花岡先生にバレるとよくないからな。(^^)

話はそらしたが、そう、ラーメンだ。

ここのラーメンは、出てきた時の見栄えもよい。美しい。まさに芸術。

今回、ふと改めて感じさせられたのは、麺をうつお兄さん二人だ。

もう少なくとも8年は通っているのだが、何も変わっていないのである。ただ、淡々と、いや?担々と(笑)麺をうたれている。(ように見える

淡々としているが、毎回、ノーミス、確実にボーダーラインをこえてくるのである。どうぞー、には真心さえ感じられる。まさに、プロ。

プロとは、どんな状況であれ、お金をもらっている以上、今出来る最高のパフォーマンスができること、だと解釈している。

我々、学習空間の講師も、よりプロ意識を持ち、教室指導を行っていきたい。

では、また!(^-^)

60倍の悲劇!?

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室&学プラ講師の永澤です。

私は、珍しく胃と腸が痛く、ダウンしていました。

というのも…

先日、先生方と居酒屋に飲みに行った時のできごとです。

いつものように食事をしていたところ、

運ばれてきた料理に、☠(どくろ)マークのついたタバスコに似た小瓶が付いてきました。

どろどろとして、いかにも辛そうな赤い液体が中に入っていました。

私は、それを使う気にはとてもなれませんでした。

なぜなら、辛いのがとても苦手だからです。

どのくらい苦手かと言うと、

辛い物を口にするくらいなら、裸で校庭を3周する方がましだ、

と思うくらい苦手なのです。

ふと、それを塗りたくったひとかけらのピザを指しながら、横に座っている先生に、

「これを食べたら、麻雀で点数を分けて有利にしてあげるよ。」

と、言われました。

とても辛かったです。

が、

想像を絶する辛さにもがいていると、先ほどの先生にこう言われました。

「これは、ジョロキアといって、タバスコの60倍の辛さなんだよ」と。

(先に言ってほしかった)

さらに、

「もうひとつ食べたら、もっと点数を分けてあげるよ」と。

2つ目の方が辛かったです。

こんなことがあり、胃と腸を痛めていたということです。

今回学んだことは、身を削れば麻雀に勝てるということです。

ジョロキア様々です!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

教室視察

★☆個別指導塾の学習空間、入間藤沢・上尾西教室の花岡です★☆

先月の話になりますが、入間藤沢の教室指導を代替講師にお願いし、山梨県の甲府南教室に視察に行ってきました。
この教室視察は、普段一人で教室指導を行う私たちにとって、教室指導や生徒のカリキュラム作り、はたまた教室環境や生徒との関わり方などを学んだり再確認したりする機会として、会社全体で行っている講師研修の一貫であります。
今回私がお邪魔した甲府南教室は、高校生も多数在籍し、昨年度生徒在籍率第3位に輝いた紹介率の高い人気教室の1つです。

現在私が指導に当たっている教室は、オープンして半年を迎え7名の高校生が在籍する上尾西教室と、最近特に紹介率が高まってきた入間藤沢教室の2つ。
その両教室に通う生徒たちが今まで以上に生き生きと目標をもって学べるよう、また、受験生にとって試練の2学期をより充実したものにするため、いろいろと勉強してきました。

教室を見学させていただいた甲府南教室の清水先生。そして、指導後にわざわざ集まっていただいた、鈴木教務部長、山井エリア長をはじめとする山梨エリアの先生方といろいろな話をすることができ、大変有意義な研修となりました。
今回学ばせていただいたことはとてもここには書ききれませんが、その成果は今後の教室指導に生かしていきたいと思います^^

そしてもうひとつ。教室視察から戻ってきた私が、目に見えて変化したこと(=行動・意識)があります。
もちろん生徒の皆さんは気付いてますよね?

そうです。あの日以来毎日欠かさず教室の掃除をするようになりました!
現在も鋭意継続中です!!!!

ときには、くるくるワイパーを片手にくるくる指導していますw

これからももっともっと教室をキレイにします

キレイな教室で、アタマもココロも充実した学習ができるよう、今まで以上に生徒とともに歩んでいきたいと思います。

そして、生徒だけでなく地域社会に愛される教室を目指します☆

P.S ちゃんと真面目な記事だって書けるんですよww^^

ON THE ROAD 2013.10.22

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

モルという魔物

個別指導塾の学習空間、坂戸東教室の望月です!

ただいまテスト期間中ですね。
坂戸東教室の生徒もテスト対策で頑張っています。

本日テスト直前の高校生がいました。
その生徒は高校入試でもしっかり点数を取っていました。
基礎学力もしっかり兼ねそろえています。
教科書の内容を理解することも出来ますし、
勉強量さえ確保できれば結果はでるであろうという生徒です。
そんな生徒が明日テストの化学に四苦八苦していました。
モルの計算が今回の範囲です。
「意味が分からん・・・」「モルってなんなのさ?」「あ~赤点とりそー(>_<)」 見たいな状態でした。 モルの概念的な要素が完全に抜けていたので、 教科書に載っている事柄が数字でしか無かったんですよね。 別の高校生がいました。 その生徒は数学が大の苦手です。 中学生の時から苦手で、簡単な計算ミスもちょいちょいあったりします。 でもその生徒は化学が大好きです。 「化学は覚えなければならない事が少なく簡単」 「モルなんて簡単だよ」 みたいなことを言っていました。 モルってこんな感じだよねっていうイメージを自分の腹に落とし込めているんだなと感じました。 文系の私からみると化学も数学も同じ理系であるが 一方は数学の理解はできているが化学はさっぱり。 一方は数学が大の苦手なのに化学が得意。 不思議な現象だなと思ってしまいました。 ちなみに 私自身も学生の時はどうしても化学が好きにはなれませんでした。 そもそも化学を習ったことが無いと断言します。(化学の先生ごめんなさい) 多分それはものすごーく小さくて目に見えない化学という教科にイメージが持てず、 それが苦手意識につながったんだなと思います。 当時の望月青年もきっと、 「そもそも見えねーし・・・・意味わかんねーし・・・・(;一_一)」 みたいな感じだったと思います。 モルという単元は理系的な思考が必要ではなく、 モルという概念的な理解が重要なんだなということを感じました。 実際参考書を見てみると計算自体はいたって簡単だな~と思います。 何をいまさらと理系の先生は思うかも知れませんが・・・そのへんはあまり突っ込まんで下さいm(__)m そんなこんなで今日はその化学苦手な生徒と遅くまで化学と一緒に格闘しました。 明日は赤点取るなよ~ もち@モルちょっとわかった☆ 埼玉の塾なら個別指導の学習空間

「アーサー王と王様のつるぎ」

個別指導の学習空間、桶川、鴻巣西教室担当の貝塚です!

みなさん「アーサー王と王様のつるぎ」というアニメをご存じでしょうか??
この前不意にテレビでやっていたのですが、私がまだ幼稚園かそのくらいのころのアニメです。

よく祖父の家で見ていたのですが、名もなき召し使いの少年に、マーリンという老人の魔法使いが魔法を使いながら学ぶこととはどういうことかを
少年に諭していき、最終的にその召使の少年がアーサー王という有名な王様になるというお話です。

小さいころはただアニメとして見ていて何となく楽しいと思っていたアニメなのですが、今になってあらためて見たところ深すぎる!!(゜-゜)

まぁ私の祖父がもともと先生をしていたので、まだ小さかった私になにか伝えたかったのかなぁと思いました。

学ぶことを始めようと、まず本を読みなさいと言われた少年は「字が読めないし、書けません。」と答えます。
それではまず字を覚えようと黒板にむかいお手本をまねしながら、一生懸命に書いていく少年。私たちが勉強をする時はもちろんいやいややることが
ほとんどです。しかし、その少年は楽しそうに字をまねしながら書いていきます。
しかし、間違った字を書くと叱られます。それでも少年は楽しそうに字を書いていきます。    う~~~ん、深い(^◇^)

この文章だけ見るとさも堅そうなアニメに見えてしまいますが、見たらそんなことはありません。さすがディ○ニーアニメーションw

みなさんもぜひ見てくださいね♪少しでも前向きに学習に向かえることを願っています(●^o^●)

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

日曜講習実施中☆☆

個別指導塾の学習空間の本庄南、上尾西教室の坂井です!

只今、上尾西教室と本庄南教室では、中間テストに向け、学習の悔いが残らないよう日曜補習を実施しています。

特に中学三年生にとっては志望校も影響するのでこのテスト結果が重要となります。

上尾でも本庄でも多くの生徒が参加していただき、個々に己の課題克服を必死に取り組んでいます^^

いやぁ・・・そんな頑張ってる姿にいつも以上に指導の熱がヒートアップしてしまうのですが、、、

これが終われば北辰テスト、合唱祭、二学期期末と12月までほぼゆとりがない!!!

私の中学時代ってこんなにいそがしかったかと疑問ですが、、、、それでもやるしかないんですよね>_<;

がんばっているみなさん!今をしっかりとやりましょう^^b

最後の最後まであきらめずに!!(炎)

カフェインの効能

個別指導塾の学習空間、川越南、鴻巣西教室の高坂です!

みなさんご存知ですか?
「毎日コーヒーを1杯飲むと、寿命が5年延びるそうです。
コーヒーに含まれているカフェインですが、
興奮作用や心筋の収縮力の増加作用により、
血行・血流が良くなり、結果的に5年ほど寿命が延びるそうです。」

…。

……。

………。

…嘘です!www

「」内に書いてある内容は、デマですので信じないでくださいね!!www

さて、「」に書いた内容は、本当のことと嘘を混ぜて結果的にでたらめなことを書きました。
しかし、ネットの情報というのはこれをさも本当のことかのように全世界に公開することが出来てしまいます。

インターネットはすごく便利で、
知りたい内容がすぐに手に入れること出来ます。
しかし、それが本当かどうかは自分で判断しなければなりません。
勉強でもわからないところをインターネットで調べることもできますが
間違って覚えることもあります…!
上手にインターネットを活用しましょう。

ちなみになぜこのテーマでブログを書いているかというと…
先日私が見ていたゲームの攻略情報がデマだったからです!!(怒

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

車と私  その後・・・。

個別指導塾の学習空間、桶川&本庄南教室の五味です!

以前、「車と私」というブログを載せたと思いますが、その後日談を書こうと思います。

前回の故障から3カ月くらいですかね、また故障しました…。

またもや桶川教室に向かう途中のことです。走行中に不思議な音(何?今の音? ヤバッ!みたいな感じです。)がして、警告灯が点灯しました。

バッテリーと排気の両方の警告灯が点灯したので、ひょっとしてオルタネーター(発電機)かと思い、とりあえず、エアコンを止めて車を走らせました。

幸い教室の近くだったので無事に着くことができたのですが、今回の故障は致命的です。

きちんと整備士の方に見ていただいたわけではないですが、多分、発電機の故障だなと思われたので修理せず、そのまま廃車にすることに決めました。

個人的な感覚なんですけど、車ってどこか故障すると、少し経ってからまた故障みたいな現象が多い気がするんですよね。

今までの所有車も、立て続けに故障したような、しないような…。

それはさておき、車が使えないとなると通勤に支障が出ます。私は桶川教室と本庄南教室の担当なので、電車通勤は非常に通いにくいですし、何よりも終

電に間に合いません。そうかと言って、タクシーでは以前に経験した料金メーターが上がっていく「そわそわ感」がトラウマになりそうで…。

しかし、まあ、翌日の本庄教室には電車で行ったんですけどね。2時間半かけて。で、帰りは始発で帰ったんですけどね。3時間かけて…。

そんな、こんなで、翌週には新しい車をなんとか手に入れました。いや、ほんとによかったです。さすがに電車通勤には限界を感じました。

電車通勤をしてみて、漠然と「車って、ほんと便利だな~」と改めて思わされた出来事でした。

それと最後に、またまた桶川から送っていただいた花岡先生のご厚意には大変感謝しております。以前送っていただいた件は、半ば忘れておりました

が、今後は忘れぬよう生きていこうと思います。

知らぬが仏

川越南と入間藤沢教室の北野もといグンマーです。

このブログを読んで、「知らないほうが良かった…。」と思っても自己責任でよろしくお願いします。

先日、埼玉エリアのトリビアの泉である五味先生から聞いた話なんですが…

人は年間で虫を12匹ほど食べるらしいです。

虫といっても、イナゴや蜂の子など、佃煮などにして加工した物ではありません。

ストレートに食べてしまっているそうです…。

話を聞くに、
刺身など魚類を食べてしまう時に気付かずパクリ
サラダなど生野菜を食べるときにパクリ
寝ているときに唾液をなめに来たGをパクリ

想像しただけで身震い、吐き気がしてしまいます…。

というか『虫=敵』
となっている私にとってはストレートも加工品も同じものですけどねww

しかし、私のように虫を拒絶している人も日頃、虫に関係する物を口にしているのです。

それはハムやベーコン、カマボコetc.

あのキレイな赤色はどの様に染められているか知っていますか?

元々の色じゃないの?
食紅で染めているんじゃないの?

ノンノン、あれは虫から得た液で染めているのです。

その名も★コチニール色素★

サボテンに着くコチニールカイガラムシから抽出して得ているのです。

この色素、食品添加物として良く使われていて、原材料のところに書かれていることが多いのです!!

なので、年間数十匹いや数百匹のカイガラムシの液を食べていることになります。

五味先生の話を聞いていた時、気持ち悪がっていた私ですが

コチニール色素のことを思い出して、
既に虫を食べてるんじゃん!!
と思った残暑が残る日でした…。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間