2012年 6月 の投稿一覧

一日一日を大切に!

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室&学プラ講師の永澤です。

梅雨っぽい季節がやってきましたね。
この間の台風では、カラーコーンが宙を舞っていましたね。
次の日は、何故か教室内にカメムシや羽蟻が沢山侵入してきたとか…害虫駆除対策として
スプレーを4本買いました。おかげで虫が減りました。一件落着。

話は変わりまして。

今さらですが、携帯って便利ですよね。
皆さんは携帯お持ちですか?
特にア○フォンは携帯の最先端を行っていると言っても過言ではありません。
そんな私の愛するア○フォンを、トイレに落としてしまった時は、わが子を失うようでした。
初めてトイレで叫びました。
電源を入れると聞いたことがない音を発していました。
ボタンを押していないのに小刻みにブルブルしていました。
幸い、携帯を二つ持っていたので、連絡手段には困りませんでしたが、もしア○フォンだけしかなかったら…大変なことになっていましたね。
便利なものだからこそ、失うとダメージが大きいですね。

皆さんの青春は携帯と違ってお金では買えませんよね。
“中学生”を一生で一度しか味わうことができません。
貴重なのです。
プライスレスです。
よく遊び、よく学び、一日一日を大切に過ごしてください。

P.S.
携帯の修理費に2万円かかりました(-.-)

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

文武両道!!

個別指導塾の学習空間、鴻巣西と桶川教室の貝塚です!

この時期は期末テストに部活の大会にと、学生にとっては忙しいの一言に尽きる時期だと思います。そんな中でよく部活の忙しさから、疲れて勉強に集中できない、または勉強を始めると寝てしまうというような子が多いと思います。

私自身、学生のころは部活に明け暮れ、疲れて勉強がなかなか出来ませんでした。その分部活ではそれなりの成績を残したのですが、勉強のほうはけっしてよくできているとは言えず、テストでは毎回つらい思いをしました。

さて、そんな部活しかしていない私が、あえて文武両道の大切さを書きたいと思います。
まずはみなさん「文武両道」の正しい意味をご存知でしょうか?

部活と勉強両方がんばること!のような簡単な意味は知っているかと思います。私が少し調べたところ

「“文”を極めるには“武”によって培われた健全な心と体が必要であり、“武”を極めるには“文”によって培われた論理的思考が欠かせない。」 という意味です。

つまりどちらかを極めるためにはどちらも頑張らなければいけないということです。

例えばお医者さん、医学書を読んだだけで手術ができますか?
パン屋さんはパンだけ焼いていればお店が経営できますか?どちらも答えは「NO」です。

部活だって同じです。サッカー部だったら、ただ走り、ボールを蹴るだけの練習では上にはいけません。しっかりとした戦術を理解し、相手を分析出来る能力が必要です。(この辺りは私がよくわかっています。)

勉強を頑張っている子は、ぜひ部活でも全国大会に行けるくらい頑張ってください。反対に部活が大好きで、毎日ぼろぼろになるまで頑張っている子は、ぜひ眠い目をこすり、疲れた体を引きずりながら勉強も頑張ってください。

当然簡単なことではないと思います。ですがその試練を乗り越える過程がものすごく大切です。つらいことを継続し、毎日つらいことを乗り越え努力する。恥ずかしがらずに頑張ってみてください。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

試合に負けて、勝負に勝つ…

個別指導塾の学習空間、埼玉エリア坂戸東・西教室の岩崎です!

私は、過去の己を超えることが出来ませんでした…。

どういうことかと申しますと、先日、食物を沢山食べる機会に巡り会いまして、沢山食べたのですが、そこで久しぶりに己の限界を感じたのです。

因みに、その場で私が食べた物を挙げますと、唐揚げ25~30個、ケーキ4個、炒飯3皿(バイキング用の小皿ですが…)、パスタ2皿、エビチリ3皿、ローストビーフ(鴨肉だったような…)15枚、生ハムマンゴー3個、ウーロン茶5杯、おつまみetc…。

という具合だったのですが、その後に、瓶○ーラを2本、瓶○ンジャー○ールを3本(合計5本)飲んだ際に、私の体に歪み(ひずみ)が生まれたのです。

私はその時、かつて無い程の限界を感じ、過去の自分自身を越えられなかった悔しさで胸がいっぱいでした…。

帰りの車中で、私は終始、現在の自分の不甲斐無さに打ちひしがれていました…。

「…昔の自分だったら、まだイケた筈なのに、今の自分は…」という、何とも言えない虚無感に襲われていました…。

その前に、たこ焼きや牛串、唐揚げ串を食べていましたが、なんとお粗末な結果であろうか…。

と同時に、自分はもう若くは無いということも悟りました…。

20代後半とは言えども、もう30も間近です。

やはりもう年なんでしょうね…今後は無理せずに食べていこうと決意した日でした。

然し、自分の中では何かをやり切ったという清々しいものがありました。

どこかで耳にした言葉をお借りすれば、これこそまさに、「試合に負けて、勝負に勝った」という感じですかね?

皆さんも、勉強・部活・趣味など、何事も悔いの残らないようにやり切って下さい!!

きっとその先には、清々しい何かが待っているかもしれませんよ。

…何にせよ、○ーラと○ンジャー○ールは当分飲まなくても大丈夫ですね…。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

世界一

個別指導塾の学習空間、桶川&入間藤沢教室の五味です!

6月に入り、大抵の学校では中間テストが終わったころだと思いますが、またすぐに期末テストがあります。

今回の中間テストでは、社会の時事問題で東京スカイツリーに関する問題が多くの学校で出題されていましたね。

そこで今回は社会に関する小噺でも。
東京スカイツリーといえば、自立式電波塔としては634mで世界一の高さですが、純粋に建造物の高さとしては、アラブ首長国連邦のドバイにあるブルジュ・ハリファが世界一です。高さは830mくらいだと思います。東京スカイツリーより更に約200mも高いです。
しかし、この建物もいつかは世界一の座を明け渡す日が来るようで、現在、中東の国々ではブルジュ・ハリファより更に高い、1000m以上の建造物の建設計画があるようです。中には、2000m以上のものを建設する計画もあるようです。
もはや、凄いの一言です!

そういえば、旧約聖書(?)にでてくるバベルの塔の話もそうですが、中東の方々って高層建築が好きってことなんですかね。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間