2012年 5月 の投稿一覧

何事も一歩ずつ!

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室&学プラ講師の永澤です。
初めてブログを更新します。

今テストシーズンですね。坂戸西教室の生徒も、学プラの生徒も机に向かって頑張っています。

塾で指導していて気になることがあります。
それは、“失敗を嫌がっている生徒が沢山いる“ということです。

かの有名なバスケットボール選手、マイケル・ジョーダンの言葉にこういうものがあります。

“高校時代は、代表チームの選考から漏れた。9000回以上シュートを外し、300試合に敗れ、決勝シュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功した。”

なんでもそうですよね。人生にも勉強にも恋愛にも近道はないのです!一歩ずつ進んで行った先に、成功ってあるのだと思います。

私もまだまだ歩み始めたばかりです。生徒達と共に成長したいと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間埼玉エリア

中間テスト&テスト直し!

個別指導塾の学習空間、桶川&鴻巣西教室の貝塚です!

ただいま中間テストまっただ中の時期です。もう終わった中学校も

あると思いますが。。。 これを見ているみんなはどうだったのかな?

今回は、テストが戻ってきたときに行う「テスト直し」の重要性をちょっと

書いてみたいと思います。

テスト直しってちょっとめんどくさいですよね。もうテストも終わったんだし

いいじゃんとか、テスト前の勉強で体力をフルに使いすぎて、脱力感がすごい

こととか、なかなかテスト直しをする意気込みが出てこないと思います。

しかし、実は学校の勉強というのは、前の単元が出来ていないと解けない

ようになっているんです! 3年生の今の数学なら、乗法公式。適当に覚えて

いると次の平方根で痛い目にあいます。 学年に問わず英語は、過去の積み重ねが

ないと点数が大きく上がることはまずありません。

それになにより、テスト直しはそのわからなかった単元を復習できる最後のチャンス

です。そしてその頑張り次第で次のテストの点数は上がるし、なにより入試の時

影響が出てきます。  

なのでぜひめんどくさがらず、真面目にひたむきにテスト直しをしてみてください!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

金環日食観た!?

個別指導塾の学習空間、坂戸西&入間藤沢教室の木原です。

今朝は金環日食でしたね!

皆さんは観ました!?

私は・・・・起きることができませんでした・・・orz

定期試験前なので、日曜講習していたこともあって、熟睡してしまい・・・=3

そんなこんなで日曜講習するくらい、テストが間近に迫ってきました!

無理矢理テストの話題に持って行った感じもしてしまいますが(笑)

金環日食も時事問題に出るかも!(笑)

もう終わっている学校もあるので、結果を楽しみにしつつ、これから月末にかけて

テスト週間に入っていく中学校は追い込みかけていきましょう!

また、2期制の学校はもうちょい後からテストですね。

そこまでに力を蓄えましょう!

修学旅行に行ってきた3年生、お帰り!

次はテストというイベントがあるぞー!

頑張ろう!!

※学習空間の先生方が載せている勉強の仕方を見てみて!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

GWが終わり…

個別指導塾の学習空間、埼玉エリア坂戸東・西教室の岩崎です!

昨日でGWも終わり、いよいよ夏へ向けて、学校も職場も本格始動といった感じですね。

生徒の皆さんはゆっくり休めたでしょうか?

部活の練習や試合、または行楽地へ出かけるなど、まともに休めなかった方が大半かもしれませんね。

ゆっくり休めたとしても、休みすぎて体がダルイという方もいるかもしれませんね。

私は……まぁ色々ありましたが、程々に休めたと思います(笑)

やはり、何事も程々が一番良いですね。

さぁ、ここから夏までは、ほぼノンストップです。

早速、GW明けにテスト期間に突入した学校もチラホラ…。

行事に関しても、体育祭や部活の試合など目白押しです!!

気合いを入れて、お互いに頑張っていきましょう!!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

GWいかがおすごしですか?

個別指導塾の学習空間、桶川・入間藤沢教室の五味です!

GWも残すところあと僅かとなりました。
皆さんはどのように過ごしているのでしょうか?
 
GWが明けると大抵の学校で1学期中間テスト間近になることと思います。
新学年になって最初の定期テストです。ここで弾みをつけて今後の定期テストも波に乗れるよう頑張って行きたいところですね。

さて、突然ですが数学に関する小噺を1つしたいと思います。
現在私の受け持つ教室の3年生は数学で素因数分解を学習している生徒達がいます。これはある整数を素数の積で表すというものですが、この素数についての話です。
皆さんは、ミレニアム懸賞金問題というものをご存知でしょうか? 
これは2000年にアメリカのある数学研究所が、物理学、数学分野における7つの重要未解決問題(確か現在は1つ解かれて6つのはず)に対して、100万ドルの懸賞金をかけたのですが、その中に素数に関する問題があります。
単純に言えば、素数を求める公式を見つけられるかということになると思うのですが、この問題150年以上解かれていません。超難問です。
そして、この素数は私たちの生活の中で大いに役立っています。具体的に1つ例を挙げると、クレジットカードの取引などです。
数学なんてただ計算して数式を解くだけだし、因数分解や関数なんて将来使わないし、と思っている生徒は多いことと思います。でも少し見方を変えると、それが今後皆さんの将来に大きな役に立つことだってあり得ると思います。
現在、素数の個数は無限にあることが既に証明されています。生徒の皆さんも今は役に立たないと思っていることでも勉強して行くことによって、将来の選択肢が素数のように無限に広がっていくのではないかと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間