宮原

新学期が始まりました!

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!

新学期が始まって数日経ちましたね。
夏休みに生活リズムが変わってしまった人達は今学校が始まったことにストレスを感じているかもしれませんね。
今日は生活リズムを戻すうえで引っかかりがちなことへの対処について話したいと思います。

今日勉強に来ていた生徒がいつもより遅くきていたので理由を聞くと、帰ってから少し寝てしまって来るのが遅くなってしまいましたとの事でした。
朝起きる時間が変わったりしたことで睡眠不足となり帰宅してから眠気に負けてしまう・・・こんな経験ありませんか?(ない人はしっかり生活リズムを整えられていると思います)

しかしここで恐ろしいことが、一度昼寝をしてしまうと翌日もなんだか同じ時間に眠気が・・・ついついまた寝てしまうと、完全に眠気の癖がついてしまいます。
こうなってしまうとなかなか改善が難しく、生活のリズムがさらに乱れてしまいます。

ではそこでどういった対処を取るかといえば・・・・

「寝ないようにする」

これがシンプルな解決策だと思います。
えっ?それだけ?と思うかもしれませんが、意外とこれが難しい。

おすすめの方法は、寝ないように気をつけるとか、アラームをかけるといった小さな変化ではなく、その時間に絶対寝ないような場所に行く・誰かといるようにするといった時間の使い方がおすすめです。
私もよくリズムが狂ったときは外出したり友達と約束をつけたり電話したりしていました。
中学三年生の生徒は塾があると思うので、眠気に負けずにきちんと塾へ行くことが大切だと思います。

うっかりしているとあっという間に中間テストが近づいてくるので、皆さんも新学期を良いリズムで過ごせるよう工夫してみてください。
それではまた!
埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

印象の良い言い方・伝え方

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!
本日は学習のことから少し脱線して言葉の印象について話したいと思います。

たとえば、誰かに作ってもらったご飯が味がとても薄い・・相手に「もしかして味うすかった?」と聞かれたとします。
確かに味は薄かった・・しかし作ってもらったことへ感謝の気持ちは伝えたい。
こんな時にどう伝えるのかを例にとってみましょう。

いや、俺は(私は)誰かに作ってもらうのに文句は言いたくない、否定的なことは言わない!!
というような考え方もあると思いますが、その是が非を議論すると話がそれてしまうので伝える前提でいきます。

パターン1: 作ってもらってありがたいし美味しいけど、ちょっと味が薄いかな
パターン2: 確かにちょっと味が薄いけど、美味しく食べられるし作ってくれてありがとうね

この2パターンで考えた時に、どちらのほうが印象が良いでしょうか?
どちらも 味がうすい・美味しい・ありがとう の言葉は入っていますね。

結論で言うと、私が心理学で学んだ限り・そして体験している限りパターン2の方が印象は良いです。

1の方では肯定の内容が先で否定の内容で締めています。2の方は否定的な内容が先で、最後は肯定的な内容になっています。
どうやら否定と肯定が入る場合、肯定的な内容で終わる方が聞いている側に残る印象が違うそうです。

私は学習の指導のさいに、生徒に何が悪いのか・何をしなければいけないのかの結論は先に伝えるようにしています。
そのあとになぜ良くないのか・どうしたら良くなるのかを話し、改善案や今後どうするべきかを話して終わることを心がけています。

もちろんまだまだ出来ていないケースも多いと思いますが、私も含めこれを見てなるほど・・と少しでも共感していただけた場合は、是非伝え方を工夫してみてくださいね。
埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

個人情報

個別指導塾の学習空間、大宮宮原・埼大通り教室担当の貝塚です!

実は最近携帯電話に入れているアプリ会社からメールが来て、その内容が「外部からの不正アクセスにより、お客様の情報が何者かに流出してしまいまし。現在調査中です。(以下省略)」というものでした。
幸い私はそのアプリに登録しているのがメールアドレスぐらいだったので、今のところ大きな問題に発展はしていませんが、身近に個人情報流出ということを感じました。

そんなタイミングで、テレビで個人情報の扱い方について取り上げたものがあり、面白い内容でしたのでそのことについて書きます。

まず最近はやっているインスタ。写真を撮って投稿するものですが、”インスタ映え”という言葉が出来るくらいはやっています。生徒でも結構な人数がやっています。その写真には、インスタ映えする商品や場所、などを投稿することが多く、当たり前ですが、それだけで投稿している人がどこで何をしているかばれてしまいます。

怖いのが仮に個人の位置を特定できないような写真であっても、例えば後ろに移っているお店に、〇〇店と書いていたらネットで調べれば住所はすぐに分かりますし、車が写りこんでいて、そのナンバーをみればそれだけで大まかな位置が分かってしまいます。

では個人がどこにいるか分かっただけで個人情報は盗まれてしまうのか?
位置だけでは特定はできません。ですがストーカーのように個人に執着があるような人物であれば、あるいは。。。。。。

最後に、これもテレビ情報なのですが、住所、氏名、生年月日、電話番号、車のナンバー。この五つのうち、どれか二つでも情報がばれてしまった場合、その個人情報はすべてばれてしまうそうです。どこで生まれてどんな家族構成でどこの学校に通っていてどんな友達がいて。。。。

この五つの情報だけは扱いに気を付けたいものです。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

眠い時の対処法

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!

本日は学習する生徒の天敵、睡魔の対策について少し話していこうと思います。
正直睡魔には私も勝てるきがしません・・・一度眠気の限界付近まで来てしまえば当然耐えながらの学習になるので、学習の効率も悪くなってしまいます。
塾の講師をやっている以上この問題はなかなか避けては通れません。生徒が寝てしまえばその分の学習効率も下がってしまいますからね。

さて、色々やってみた結果今のところ効果がある、もしくはあった気がするというものを3つ挙げてみようと思います。
効果があるかは個人差がありますが、やってみるだけの価値はある・・かも?

①外へ出て深呼吸してくる
②手首まで水であらう(数秒間)
③思い切って5~15分寝る

①はシンプルな眠気対策で、脳に酸素がいかなくなると眠気を感じてしまうので、体を動かして血流を促しつつ深呼吸で酸素を吸うという案です。
②は個人的によくやっているもので、冷水(水道水も可)で手首まで数秒あらって完全に水気をとらないくらいで席に戻ると少し目が覚めます。
③これもよく聞きますが、5分や15分仮眠をとる。

ほかにも人目を気にしない場合はつま先立ち空中椅子(ふくらはぎに溜まった血を流す)、カフェインが効き始めるまでの15分を活かし、珈琲を飲んだ直後に15分寝る。
なんていう荒業もありましたが、私はブラック珈琲を飲んだ瞬間に目が覚めた気になってしまって眠れなくなりました。笑

割と王道なものばかりになってしまいましたが、今後も眠気対策を練り続けたいですね!
おすすめの方法があったらぜひこっそりと教えてください!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

我々講師も日々勉強

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!

今週の月曜日は学習空間全教室をお休みにさせていただき、全講師が一時に集まっての研修会を行ってまいりました。
2018年度の振り返りや交流も兼ねてですが、我々講師も日々勉強ということで、他の講師の人に色々とアドバイスをいただいたり大学入試の変化につて学んだりしてきました。

学習空間は塾としてはかなり自由度が高いので、本当に色々な先生がそれぞれの思いをもって日々の指導にあたっており、誰に聞いても参考になる話ばかりで楽しかったです。
新しく気づかせていただいたことや知ったこともあるので、さっそく日々の指導に活かしていきたいと考えております。

個人的な意見ですが、自分にできない事・やっていない事を相手に説得することは難しいと思います。
生徒にアドバイスを送るという立場上、まずは自分がきちんと実践できているという事を大切にしたいので、これからも日々勉強・日々精進を目指していきます。

埼玉県では中学・高校生はゴールデンウィークが終わればもうすぐテスト週間です。
最初のテストで良い波にのれるよう、抜群の準備を目指しましょう!!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

3年生お疲れ様でした

個別指導塾の学習空間、大宮宮原・埼大通り教室担当の貝塚です!

2018年度の受験が終わり、最後の指導となる3年生がたくさんいました。
受験が終わるたびに教室に来た時のことを思い出します。

高校、大学、社会人になってもまだまだ困難は続きますが、自分の力で突き進んでほしいものです。

しかし子供の成長は早い。。。。。( ;∀;)w
小学生だったかと思えば受験生になり、高校生だったとおもったら社会人になり。
私も気が付けばおじさんに。。。。。

時間を大切にしていこう!w

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

埼玉エリア合同バーベキュー!

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!

本日は休日でしたが、年に1度のポットラックBBQのイベントを行ってきました!
ポットラックBBQとは、参加者の皆さんがそれぞれ一品(中にはたくさんのお菓子を持ってきてくれる人も・・)を持ちよって行うバーベキュー、との事です。

今回は埼玉西部エリア・埼玉中部エリア合同でたくさんの生徒さん+講師+保護者様でひたすらいろんなものを焼いてきました!去年はまさかの雪に見舞われ、雪上BBQという世にも奇妙な光景になりました・・。笑

今年は場所を北本野外活動センターに移し、しっかりと屋根がある中で行えたので、途中少しだけ崩れかけた天気も気にせず皆で元気に楽しむことができました。個人的には去年の場所よりも条件が良かったような気がするので、次回開催ももしかしたら・・とにらんでいます。

今回のBBQはただ焼くだけではなく、型抜きや射的などの縁日要素を取り入れたり最後に皆でビンゴ大会をやったりと、小学生~高校生までが入り乱れての楽しい催し物となりました!
企画・運営にあたってくれた清水先生、ありがとうございました!

学習空間では、学習塾といってもただ学ぶだけではなく、こうして学習から離れた場所でも少しでも生徒のプラスに働くようなイベントも大切にしております。普段はビシバシしごかれているあの先生に・・こっそり激辛のタレをまぶしたお肉を運んでいってもこの日ばかりは許される・・!?(責任はとりませんよ。笑)

まだバスツアーや宿泊学習会も控えているので、少しでも気になった生徒様は是非参加して一緒に楽しい思い出を作りましょう!!皆さんの参加を待っております♪

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

受験お疲れ様でした

個別指導塾の学習空間、大宮宮原教室・埼大通り教室担当の貝塚です!

2月28日は埼玉県公立高校入試でした。中学3年生はお疲れ様でした。今は一休みといった感じでしょうか?(^.^)
みなさんは受験をしてみてどのように感じましたか?あっという間だったと感じましたか?すごく大変だったと感じましたか?
本番は緊張しましたか?思ったより平気でしたか?

入試は高校に入るために行うのも確かですが、私は今回皆さんが感じたその気持ち・感覚・辛さが将来非常に大切になると思っています。
高校に入ることがゴールではありません。高校を卒業し、進学・就職とまだまだ試練(試験)続きます。その時に今回の感覚が役に立ちます。
皆さんのお父さん、お母さんはそのことがよくわかります。大人はわかります。だから皆さんに勉強をがんばりなさいと口うるさく言います。

自分の両親への感謝を忘れず、自分の人生をしっかりと歩むためにも勉強をぜひ続けていってください。
時計の針のように1から12に行ったら、また1からスタートですよ★    なんつってw

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

メンタルケアのすゝめ その2

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!

今日は前回の内容に引き続きメンタルケアについて話したいと思います。
前回の内容を補足するという感じでしょうか。

ここでは具体的にあった生徒とのやりとりを参考に、個人的におすすめな「プラス思考脳」について話していきます。

・「期待」するのではなく「希望」を持とう!!
これは個人的にとても大切にしている考え方です。
期待と希望、似ている言葉ですが一体何が違うのでしょうか?

私も受け売りの知識ですが、
期待とは「○○をすれば××になる」とゴール地点を定めるものであり、
希望とは「××の方に進めれば良いな」と願う気持ち
だそうです。

たとえば今日目標の80%まで学習できた生徒がいるとします。
【期待型生徒】は、「今日ここまでやるつもりだったのに20%も届かなかった・・。」
と考え、
【希望型生徒】、「目標には届かなかったけど80%分進められたな」
と考えるということです。

前者はネガティブな思考であり、後者はポジティブな発想になっているのが読み取れるかと思います。
勿論受験シーズンではなく、常日頃の話であれば前者の方が「ストイック」な考え方となり成長も見込めます。
ただ受験シーズンではメンタルの状況の方が点数に影響が大きいため、より効果的な考え方と言えます。

個人的にはその2つの思考を切り替えながらいけるのが理想かなと思います。

この文章を読んでくれている方の中で、そんな切り替えは簡単にはできない・・と思った方はいませんでしたか?
それはすでに期待型の考え方になっているので、「出来る・出来ない」というゴールではなく、「そうできたら良いな」
と考えるとちょうど良いのかもしれませんね。

私も偉そうに書く以上、きちんと実践していきたいと思います。
これから本番を迎える生徒さんは悔いの残らないようにやりきってくださいね。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

メンタルケアのすゝめ

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!

いよいよ受験シーズンに突入しましたね。
同時にインフルエンザも流行しているので体調管理にも気をつけたいものです。
私も加湿をしたり、こまめに飲み物を飲んだり、殺菌力の高い紅茶や緑茶を飲んだりと日頃から気をつけています。

さて本日の話題は、メンタルケアについてです。
この時期になると受験生の皆さんは精神的に不安定になってくる場面もでてくると思います。
メンタルケアとは本来自分以外の誰かに行うものが多いですが、今回は自分に対してのメンタルケアについて話していきます。

例えば受験直前に不安に押しつぶされそうになったり、本番で問題が難しく解けずに焦ってしまった時、皆さんはどう対処されるでしょうか?
緊張や不安に対してネガティブになってしまう事、トラブルに巻き込まれて動揺してしまうことを完全に避けるのは非常に難しいです。
でも、そこから「その状態に対してどう考えるか」は自分の考え方次第で変化させることができます。
ほんの少しですが例をあげてみると、

①不安で落ち着かない・どんどんネガティブな思想が出てくる → その日その後の時間に何もやらないよりは、きちんと目標を決めて努力したほうが少なくとも確実にプラスになる。頑張れば今よりは改善すると考える。頑張れたら一歩改善したと自分にきちんと言い聞かせる。
②本番で問題が難しく思うように解けない → 焦りが募るとその後も本来の力が出せなくなるので、いったんその問題を離れて解けるところから解く。その際に「逃げた」のではなく「その状態からより良くなるように選択した」と考える。少し落ち着いてペースよく解けるようになったら時間と相談して再挑戦。

こんな感じでしょうか。ポイントは【とにかくネガティブな発想・言葉から離れる】ということです。
「こんなネガティブになっちゃダメだ・焦っちゃダメだ・不安になっちゃダメだ」系の自分にダメだしをしてしまうのも余計に不安をあおる結果になってしまいます。

これから受験モードが本格化しマイナス思考になってしまうこともあると思いますので、そんなときに自分で自分を助けるセルフメンタルケアを身につけてみてはいかがでしょうか?
勿論、スポーツや日常生活にもおすすめですよ!!
埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間