埼大通り

生活の中心は○○だ!

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室・浦和大東教室の岩瀬です!

学習空間に入社をしてから私は、勉強をすることが楽しく感じています。それは生徒に解説したときに、生徒がわからなかったものがわかるようになる。そして笑顔がこぼれる。私はこの笑顔を見たいのかなと思います。正直国語や歴史は苦手でしたが1か月歴史を勉強して、今では流れを説明できるようになりました。だからこそより生徒がどこで詰まるのかがとても共感できます。今は高校数学や国語の文法など勉強したいことがありすぎて休日は勉強をしています(笑)親には「休んだら?」と心配されます。私は突き進み、岩瀬先生だから学習空間で勉強をしたい。そう思ってもらえる先生になりたいです。毎日が楽しくて仕方ありません。中学生のときにこの楽しさに気付いていたらなあ(笑)
埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

季節の変わり目

個別指導塾の学習空間、大宮宮原・埼大通り教室担当の貝塚です!

数日前小学生の生徒が帰るときに、「今まで帰るときは明るかったのに、もぉ暗いからすっかり秋になりましたね。」と言われ思わず「そんな大人びたことを…。」と動揺してしまいましたが、生徒のほうが日ごろの変化やほんの些細な変化にもよく気が付くなと感心させられました。

今年の夏は外出自粛や休みも短いなど例年とくらべ“夏”を感じる機会が非常に少なかった気がします。おそらく受験生も時期の変化を見分けづらい今年は切り替えるのが遅くなることだろうと思います。私も含めて気を引き締めて頑張っていってもらいたいと思います。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

今の時期に受験生がしておくこと

個別指導塾の学習空間、大宮宮原・埼大通り教室担当の貝塚です!

埼玉県の模試と言えば“北辰テスト”だと思いますが、6月・7月の北辰テストは自宅受験。噂によれば9月も自宅受験になるとかならないとか…。
生徒の偏差値を知る非常に重要な模試であり、私立受験にも関わってくるものですが、今年の受験は例年とどうも変わってきそうです。
不確定な情報も多い為明確な事はまだまだ分かりませんが、現状のままだと、埼玉県の高校受験 = 北辰テストを受験、という流れは変わりかねないので、常に情報にアンテナを張り、動向に気をつけて行こうと思います。
受験生が今出来る事としては、既習単元の復習(インプット)をさぼらないようにするということが基本的に大切です。入試で高得点を狙う生徒は他県の過去問に取り組んでみる等、総合問題+初見問題を解いていくことを意識して、“臨機応変な解答力”身につてけおくのをお薦めします。
まだまだ見通しのつかない所が多いですが、今出来る事に焦点をあて、コロナを乗り切りましょう!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

フェルマーの最終定理

個別指導塾の学習空間、大宮宮原・浦和大東教室担当の小林です!

最近、動画を見ていて興味をひかれたのが、「フェルマーの最終定理の証明」についての事です。

数学の定理の証明というと、まず何を証明しようとしているのか、初めの文章から書いてある事が全く「???」ですが、
フェルマーの最終定理に関しては、中学生の時にも習うピタゴラスの定理「x2+y2=z2」に関係した定理で、
3以上の自然数nについて、「xn+yn=zn」となるような自然数の組(x、y、z)は存在しない、といった定理です。
要は、nが2ならば方程式が成り立つような(x、y、z)は見つかるけれど、nが2よりも大きくなってしまうと、
(x、y、z)が見つかりませんよ・・・、といった証明です。

動画の中では、この「360年間」証明されなかった定理が証明されるまでの経緯を面白おかしく紹介していました。
(犯罪などでもそうですが、「犯罪をやったこと」や「何かが存在する」ことの証明より、
「犯罪をやっていない」、「存在しない」ことの証明の方がはるかに難しいのです)

興味をひかれたのは証明の中身ではなく、この難問に挑んだ数々の天才数学者たちのドラマが面白そうだなと思い、
動画ではざっくりと紹介されていたのですが、「サイモン シン」という人が書いた基になる本が紹介されていたので、
時間のある時に今度読んでみようと思いました。

その本の中で、何かお伝えできることがあったら、皆さんにお伝えしていきますね!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

Web学習空間、始めました

個別指導塾の学習空間、埼大通り・浦和大東教室の岩田です!

冷やし中華始めましたみたいなノリで書いてみましたが(ネタが古いか・・・)、私が教室長をしております浦和大東教室では、コロナ対策のため4月の4週目から全面Web学習に切り替えて学習をサポートさせていただいています。

現在参加生徒様も大分慣れてきて、カメラに監視されているというほど良い緊張感のもと、普段の学習と大きく変わらない学習が出来ていると好評をいただいております!私自身ここまで出来るとは思っておらず、予想以上にうまくいってくれていてホッとしているところです。

しかし、実際に新しい事業というか手法を0から作り上げてみて思ったのは、1つの物事を決めることが予想以上に大変なんだなぁ・・・ということでした。アプリをとって起動するにも、iphoneなのかAndroidなのか、パソコンなのかタブレットなのか・・・・また同じ機種でも古い機種だと微妙に操作が異なってしまったり予想していなかったエラーが発生したりの連続でした。自分一人なら当たり前に出来ることを、条件や環境が違ういろんな人に伝わるように考えること・工夫することは試行錯誤の連続で楽しかったです!

でもこれは学生の皆さんももしかしたら似たような経験があるのかもしれませんね。たとえば文化祭で看板を作ろうとした、アーチを作成した、デコレーションをしてみた・・・等、パッとみると背景の1つに過ぎないようなものを1つ作るのに、思った以上に時間や労力がかかったりした経験あるかもしれませんね。

思い返せば子供のころは何気なく当たり前に母親にやってもらっていた炊事洗濯も、自分でやってみると手間ばかり・・Web学習空間の準備をしてみて、実際に手を動かして経験するということは大切なんだなと改めて痛感いたしました。

無駄な努力はないという言葉はとらえ方によって賛否両論だと思いますが、無駄な経験なんてない、と言い換えればしっくりくる気がしませんか?暗い時期が続きますが、今だからできることを探して始めてみましょう!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

臨機応変に★

個別指導塾の学習空間、大宮宮原・埼大通り教室担当の貝塚です!
5月末までの自粛要請延長が決まり、現在教室では分散通塾・ウェブ学習空間を行い感染予防を徹底しております。オンラインでの学習は正直まだまだ不慣れな部分があるなと自分では感じるものの、学習の内容としては成り立っており、通常の学習と変わりなく行え琉用になってきています。オンライン指導のために準備が大変だったのは事実ですが、新しい学習の在り方が見えてきてわくわく感が止まりませんw
これからもどんどん改良し、より一層充実したものになるよう頑張っていきたいと思います。オンライン学習にご興味がある方は、ぜひ連絡してみてくださいね(^^)

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

なぜ?を考える!

個別指導塾の学習空間、大宮宮原教室、浦和大東教室担当の小林です。

皆さん復習は正しくできていますか?

復習を行う時に最も大切なことは、原因を探ることだと思います。

間違った問題を書き写して解答を書き写しただけだと、ただの手の運動になってしまいます。
そんな風に復習をして何か変わりますか?

例えば、学校の定期試験や確認テストを「健康診断」だとします。
その結果には、「あなたの現在の状態」のデータが書き込まれています。
しかし、「健康診断」をいくら繰り返したところで、健康になるわけではありません。
大切なのは「病気の原因」を探ること。
そして、病気の原因を取り除き「未来の健康」を手に入れることです。

つまり、「模試の復習のポイント」は、
「間違った問題を二度と間違えないこと」ではなくて、
(もちろん、これは大切です。しかし、これだけではダメなんです。)
「間違った原因を探ること」
です。

仮に、「間違った原因」が、「計算ミス」だったとしましょう。
その問題の解答を書き写しただけでは、計算能力は上がりません。
大切なのは、「どうして計算ミスをしたのか」です。

自分自身になぜ?と問いかけて、原因をつきつめてみましょう!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

いつまでお休み・・?気になるコロナウィルス事情・・

個別指導塾の学習空間、浦和大東・埼大通り教室の岩田です!

さいたま市の市立学校は5月までの休校が予定されるそうです。
一体いつまで続くのか・・と皆様戦々恐々とニュースをチェックされていることかと思います。

学習空間ではどのように対応していくのか、どうするべきなのかを我々講師も毎日頭を悩ませ続けております・・。
対応は教室ごとに異なるため生徒様は各教室からの連絡をお待ちいただければと思います。

まだ決定事項ではないことをここでお伝えするわけにはいかないのですが、少しでも学習時間の確保につながり・かつ安心して通っていただける形を考えております。
マスクの着用・手洗いうがい・教室の机の清掃なんかはすでに行っておりますがこれから先は外出が出来なくなってしまう事態も予想されるため不安がないと言えばウソになります。
ですが、今この場で頭を抱えて足を止めるよりは少しでも良い方向に進められるよう常に考え続けていきたいですね。

学期ごとのテスト・模試・受験などお休みが続くほど不安材料は増えますが、同じ地域であれば条件は皆同じになります。
少しでも良い対策をして半年後・一年後にコロナウィルスのせいにしなくても良いように備えたいですね。
勉強に悩んでいる生徒様・ご家庭は学習空間の担当講師にたくさんご相談くださいね!お待ちしております!!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

広げるならば良い空気を!

個別指導塾の学習空間、大宮宮原教室、浦和大東教室担当の小林です。

新型コロナウィルスに関するニュースを目にする日が続きますね。
引き続き教室内の対策を徹底していきたいと思います。

ネットの掲示板などに書かれているコメントを見ると、
批判的な内容が多かったりします。
ネットというのは対面での話し合いではないので、好き勝手に
書くことができます。
ネガティブな言葉は周りを巻き込みます。
そして広がっていく危険性があります。

これは勉強でも同じ。
「無理」とか「疲れた」という発言は周りを巻き込んで勉強しない空気を
作り出します。
私も日常生活でついつい言ってしまうことがあります…(気をつけねば)

広げるならば、悪い空気ではなく良い空気を広げるよう心掛けたいですね!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

マスクが売ってない!

個別指導塾の学習空間、埼大通り・浦和大東教室の岩田です!

毎日何かしらコロナウィルスに関連したニュースを聞く日々になってしまいましたね。
学習塾という生徒が一か所に集まるという形態上、受験・学年末テストの時期の繁忙期ではありますが無視はできませんね・・。

ところで皆さまもマスクや除菌グッズがあらゆる店の店頭から消えているのは重々承知のことかと思いますが、今回のマスク騒動だけでなく、歴史上に多様なケースは以前にもあったようです。たとえば1973年のオイルショックの時にはトイレットペーパーの買い占めがおき、それに伴ってティッシュなどの関連商品も買い占めが発生し問題となったようです。

ちなみに豆知識ですが、トイレットペーパーは石油化学関連商品と言われますが、どこに石油が使われているか気になりませんか?私も気になったことがあるのですが、あれは実はドロドロに溶かした原料を乾かして紙にするときに大量の石油を消費するからで、直接石油から紙を作っているわけではないようです。確かに石油から紙は作れませんね・・。

それはさておき、今回も買い占めが大規模に発生してしまっているのですが、どうやったら買い占めは防げるのでしょう?もちろん各個人が自分のためだけでなく周りの人のことを考えて思いやりある節度のある行動を・・となれば良いのでしょうがそんな簡単にはいきません。

不安になる→つい買いすぎる→品薄の情報が出回りはじめる→不安になる→確保しようと多く買ってしまう→マスコミから品薄情報がまた拡大する・・・・このループ+転売目的の買い占め(個人・組織)により現状になっていると言われています。正直皆がもし災害時にパニックになって非常口に駆け込んでいるときに「落ち着いては走らないでください!」なんて声をかけても無駄ですよね。こうなってしまってはブレーキをかけるくらいしかできなくなってしまいます。

なので現実的かつ効果的な対策は、この経験をもとに普段からある程度備えておくということに尽きるのではないでしょうか?私も絶対に風邪をひくわけにはいかない職業柄、職場だけでなく家にも必ず50枚入りのマスクを2箱ストックしています。今回もまだそのマスクが残っているのでなんとかなっていますし、普段から少しずつ貯めてあればこういった騒動が起きてもある程度は対処できると思います。

備えあれば憂いなし。うまい表現ですよね。
早く騒動が収まって欲しいと心から思います。いや本当に・・。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間