上尾西教室

過去問の使い方

個別指導の学習空間
上尾西教室&入間扇台教室本橋です。


まさに年の瀬ですね。
紅白歌合戦が近づいてくると、年末感がすごい。


皆さん、それぞれの年末年始を過ごすと思います。

私としては
今年関わった方全員への感謝をしながら、
新年を迎えたいと思っております。


さて、
私からは今年最後のブログ投稿ですが、

「過去問」についてです。

入試において、志望校の過去問は大事ですよね。
受験生は必ず演習が必要です。

でも、
間違った使い方をすると意味が無い…



という事で、その辺を少し掘り下げました。




過去問を使う時。
けっこう皆さん、こうなってしまいがち。

『何点取れるかチャレンジだ!』
『今年も同じ問題がでるかも知れないから、やるぞ!』




その結果、こうなります。

◆難しい問題ばかりで解けない
→自信を無くす。

◆得点の低さにヘコむ。
→自信を無くす。



過去問をただ解いて、点数を出す。
そして、喜んだりヘコんだり。

これで終わらせてしまいがち…。

そもそも、
過去問と同じ問題がそのまま出るとしたら、
楽勝すぎですよね…。



まず大事なのは、
過去問を使う目的です。

しっかり理解しておく必要があります。

過去問練習の目的

①問題の出題傾向を知る
②自分の弱点を知る

過去問は、「解くこと」が目的ではない。
これが大切なんですね。




それぞれ見ていきましょう。

①問題の出題傾向を知る

→志望校の過去問は、出題傾向を知るために解きます。

例えば
「図形分野が毎年よく出てるな」(数学)
「英作文は毎回必ず出てるな」(英語)
「基本問題だけで60点分は出てるぞ」
など。

傾向を知って、対策をする。
これが最大の目的。



②自分の弱点を知る

→過去問を解くと、
自分の弱い単元、忘れてる単元がはっきりします。


「平方根を忘れてるな…」(数学)
「地震や地層の単元が弱いな」(理科)
「歴史分野が全然とれない」(社会)
など。

自分の弱点を発見する。
そして、その単元を学習し直す。

これが正しい過去問の活用法。



これ、部活などの練習試合と同じかも知れませんね。

練習試合って「勝つこと」が最大の目的ではなく、
チームや個人の弱点や課題を見つけることが目的だったりしますよね。




ただ、
学校や個人のレベルなどにより例外もあると思います。

中には、過去問とそのまんま同じ問題がでるような学校もあるかも知れませんし、

普通に8割〜9割解ける人で
過去問の難問だけを突き詰めていく。
そんなケースもあるかと思います。

ケースバイケースではありますが
ぜひ過去問を正しく活用し、
実力をつけてもらいたいと思います。


もちろん受験生は、
塾でも引き続き過去問を徹底的にやっていきますよ。



以上
ありがとうございました〜


埼玉の塾なら個別指導の学習空間

面接は自己分析力

個別指導の学習空間
上尾西教室&入間扇台教室本橋です。



2021年ももうすぐ終わりですね。

受験生は入試も近づいてきました。




高校入試では、面接がある学校が多いですよね。
今年もみなさん絶賛心配中。


今回私からは、
その面接で大切な自己分析について、
投稿をさせてもらいます。

ぜひこの自己分析について知っておき、
少しでも不安を軽減してもらえたらなと思います。




「自己分析」


難しい言葉ですが、

簡単に言うと
「自分を知ること」
ですね。


自分の事をどれだけ知ってるか。
実はこれを試されるのが、面接です。


よく聞かれる
「得意科目と不得意科目は?」

この質問も、自分の事をどれだけ知ってるかを探るため。



「あなたの長所(いいところ)は?短所(ダメなところ)は?」

この質問も、自分の事をどれだけ知ってるかを試すものです。


ではなぜ、
面接で自己分析力が試されるのでしょうか?

それは、

その人の自己分析力を試せば、その人の経験値がわかるから

です。



実は自己分析って、
いろんなことにチャレンジして経験をしてかないと、レベルアップしていきません。

例えばですが
「自分が英語が苦手だ、数学が苦手だ」とかって、勉強してみたからわかったことですよね。

例えば「自分はダンスが得意だ」ってのも、ダンスにチャレンジしたからわかったこと。

トマトを嫌いな人は、
食べる前から「自分はトマトが嫌いだ」ってわかったでしょうか?


挑戦すれば
自分がのことがわかる=成長
なんですね。


だから、
自己分析力が高い人=いろんな経験をしてる人。

そう見られ、入試で評価が高くなるわけです。

部活動の部長とか、委員長。英検や漢検などの取得。
そういった経験が評価されるのも、
「経験値がある」と見なされるからです。



これ、社会人になるとさらにシビアになります。

「自分はこういう人間だ。これができる。こういう能力がある」
しっかり自己分析ができてないと、勝負にならない…。

その経験値を証明するものが「資格」や「免許」だったりしますよね。



一般的に、
人生のステージごとに〝求められる自己分析レベル〟が段階的に上がる。
そんなイメージですかね。

①高校受験→②就職試験→③転職などの再就職試験


とは言え、
高校受験の面接はご心配無用。

たった15年間で経験できることなんて、限られます。
高校の先生もそれはわかってます。

自分のことなんて、今は何とな〜く知ってれば大丈夫です。



「自分の長所や短所なんて、全くわかんないよ」
って時は、家の人に素直に聞いてみましょう。

長所なんて数えきれないほど教えてくれますよ。




ちなみに私の長所は……
なんだろな…。

短所なら腐るほど出てくるんですが。



以上
ありがとうございました~


埼玉の塾なら個別指導の学習空間

bigとlargeの違いって?

個別指導の学習空間
上尾西教室&入間扇台教室本橋です。



今回私からは、英語のネタを一つ。

bigとlargeの違いについて、
ご紹介させて頂きます。



いきなりですが、
It’s  a  big  T-shirt.
It’s  a  large  T-shirt.

この2つの英文の区別、できますか?

日本語訳は、どちらも同じ。
「それは大きいTシャツです。」


big(ビッグ)もlarge(ラージ)も、どちらも意味は「大きい」。
まぎらわしい事この上無し。



ところで、
服のサイズって
大きいのは「L」ですよね。
これ、largeの略。

小さいのは「S」ですよね。
これはsmallの略。

ん?大きいは普通big(ビッグ)だよな。
なんで「B」じゃないの?

???
???



では区別の仕方。こちらです。

big
→自分から見てデカい(主観的)

large
→誰が見てもデカい(一般的)

…わかりますでしょうか?


以上をふまえ、
さっきの英文をちょっと極端に訳しちゃいましょう。

It’s a big T-shirt.
「そりゃデカいTシャツだなあ」

It’s a large T-shirt.
「それは、大きめのTシャツです」



bigは、自分の感覚として大きい。
largeは、一般的に大きい。特に「サイズ」に使います。

個人の感想として「大きい」→big
誰がどう見ても「大きめ」→large

てことですね。



では最後に、
わかりやすい会話例で締めましょう。


店員「This is a large dog.」
(こちらが大型犬でございます)

客「What a big dog!」
(なんてデカイ犬だ!)



以上
ありがとうございました〜

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

首相?大統領?

個別指導の学習空間
上尾西教室&入間扇台教室本橋です。


10月に入りました。

新しい首相が誕生しましたね。
岸田文雄氏が内閣総理大臣に就任しました。



世界には、
国のトップの人を首相と呼ぶ国と、大統領と呼ぶ国がありますよね。

「なぜ違うの?!」
生徒さんから聞かれることもあります。

なぜでしょう?



じつはこの違い、

その国に王家が存在するか、しないか

なんですね。

つまり、
王様(king)がその国にいるのか、いないのかです。



一般的に、
王家が存在する国に大統領はいません。
行政のトップを首相と呼びます。

例として、イギリスや日本などですね。
日本には、天皇家という王家が存在します。



その王家が無い国には、大統領が存在する。
という事ですね。
アメリカやインドネシアなどです。

ただし、
大統領も首相も両方いるロシアのような例外もあるのですが…。




さてさてさてさて、
生徒さんは今学期の中間テストシーズンとなりました。
この時期、学校イベントも多くて大変ですよね。

しかし、「やれる事はやり切った!」
と充実感MAXでテストに臨めるよう、
毎日を大切にしていきましょう!

勉強はコツコツ積み重ね、積み上げです。



以上
ありがとうございました〜 


埼玉の塾なら個別指導の学習空間

ダイエット卍リベンジャーズ

個別指導塾の学習空間、大宮宮原、埼大通り教室担当の貝塚です!

かなり前にもブログでダイエット日記を書いたことがあります。その時は父とマラソン大会に出ることになっていたので、痩せる必要がありました。

今回は埼玉中部エリアで少しはやってきて、あわよくばフィジーク大会にでてやろうという気持ちでやっています。
いつもはランニングなどの有酸素運動をメインで行うのですが、今回は食事制限と筋トレがメインになります。
とりあえず今は一日1600キロカロリーに抑え筋トレを行い、ある程度絞るのが目的です。
ダイエット開始から今の所2週間弱ですが、すでにマイナス2キロほど落ちてきているので、この調子であと8キロは落としていきます。
この後のブログにご期待を!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

新学期スタート


個別指導の学習空間
上尾西教室入間扇台教室本橋です。



東京オリンピックの閉会式と共に、
夏休みも終わりですね。



オリンピックの競技、
私はほとんどリアルタイムでは観れませんでした…。


でもこれ、当然といえば当然。
今までの海外の五輪は、開催国と時差があった。
だから深夜とかに生中継で観れてただけ…なんですよね。

平日の昼間なんて、絶賛お仕事中。
観れっこない…。



てことで、
日本人選手も多くのメダルをとってましたね。
けっこう盛り上がってました。



ただ印象としては、

メディアで取り上げられるレベルの実力者(日本人選手)が、
ことごとくメダルを逃していた。

そんな感じでしたね〜。



やはり、大きな期待プレッシャーとなり、思うようなプレーができなくなるのか。


フィジカル(肉体)の能力だけでなく、
メンタル(精神)の重要性。

改めて、そんな事を考えさせられましたね。




さてさて、
2学期が本格的に始まりますね。


特に中学生、
2学期は学習内容の難易度が一気に上がります

勉強習慣がついてないと、
まさに成績が下がっていくタイミングです。

わからないことを、わからないままにしない。

これが大事です。

というか、
これをしっかりやってれば大丈夫。



特に英語数学
全ての単元はつながっています。

1学期の単元は、2学期の単元へ。
さらに、
1年生の内容は、2年生の内容へ。




勉強は積み上げであり、ピラミッドです

欠けた場所を作らないよう、
毎日土台を積み上げていきましょう。


以上
ありがとうございました。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

学習空間夏期講習!快調に実施中!~Return to blog~

個別指導の学習空間、川越南教室と上尾西教室の坂井 尊(みこと)です!

皆様、初めまして。そして、ご無沙汰しておりました。

学習空間の年寄り坂井こと、坂井尊(みこと)と申します。
若い方の坂井謙斗先生共々、何卒お引き立てのほどよろしくお願いいたします。

こちらでは、埼玉県に所属している学習空間講師が
週替わりで、普段思っていることや、時事的なことなどを
日々、徒然なるままに日暮らし、パソコンにむかひて、
心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくカタカタと書きつくれば、
あやしうこそものぐるほしけれ。そんな先生方の一面を垣間見る場でございます。
先生の新しい一面を知っていただき、ぜひ、教室でネタにしていただければ幸いです。
(※一部誇張表現を用いております。意見には個人差がございます。)

さて、今回、前回の更新で五味先生がコロナウィルスワクチンについて書かれていましたね。

そんな中、私、ワクチン接種を先週行って参りました。

接種してきた状況は個人差もあるので、あくまで主観ですが、

 

結果は個人差が激しいです。

 

という見解が一番です。
ただ、私としては、生徒の皆さんや生徒の保護者様に安心して教室に通って、通わせてほしいという想いが一番でございます。
教室はコロナ対策を引き続き行いながら指導を今後も継続して指導にあたります。

夏期講習もスタートし、東京オリンピックも快進撃なニュースが日に日に続いております。
生徒もオリンピック選手の皆さまのように、
コロナに負けず、突然の雷雨にも負けず、昨日までの弱い自分におさらばして、過去の日本経済の高度経済成長期並みにレベルアップしていきたいですね!^^/
自由研究のネタに困っている生徒もおり、私の上尾西、川越南両教室では、学校の夏休みの宿題サポートも行っています。

私も昔を思い出しながら、生徒と一緒になって何をどのようにやろうかと教室内で作戦会議しておりますよ。
メンドクサイ!って思っているものこそ、先に片づけておきましょう!!
後回しにしててもやらないですよ^^.ニンゲンダモノ・・・・(ワタシモダモノ・・・ww)
では、また!!
Addio!!^^/

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

東京オリンピック

個別指導の学習空間
上尾西教室&入間扇台教室本橋です。



7月に入りました。
ほとんどの中学生は期末テストが終わりましたね。
もう少しで学期も終わり、夏休みです。

常に大事なことは

日々の学習習慣がついているか。

できない単元を、そのままにしていないか

です。

習慣がちゃんとついているか。
その答えが、偏差値となって将来現れます。

『実力』=『毎日の積み重ね』です。

1日1日を大切に過ごしていきましょう。


さて、
東京オリンピック。開催の方向ですね。
まだどうなるかってとこですけど。

そういえば、本来は昨年2020年の開催予定だったんですよね…。










今回のオリンピックで私が注目してるのは、
バドミントン男子の桃田賢斗選手です。

日本人で金メダルがほぼ確定の選手って、なかなかいないですよね。
でも、彼が一番それに近いんじゃないかと思います。

とにかく強さが別格なんですよね。
日本人離れした感じの強さ技術
彼のこれまでの人生も、波乱万丈ですごいものがありますが。


オリンピックといえば、
水泳の岩崎恭子選手14歳で金メダルを獲ったのも、衝撃的でしたよね。

陸上100mのカール・ルイス選手も、バリ速かったですよね。

もちろん皆さん、覚えてますよね。
私の中ではつい最近だったと記憶してますよ。

以上
ありがとうございました〜。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

修学旅行が再開

個別指導の学習空間
上尾西教室&入間扇台教室本橋です。

完全に梅雨ですね。
先週はほぼ毎日が雨だった気がします。

今年の梅雨入りは、やけに早かったですよね。
関東はまさかの5月中旬には梅雨入り。
こんな年もあるんですね。

さて、
入間市の小学6年生が先週、修学旅行から帰ってきました。

感染対策をしながらなので、色々と気を使い大変だったとは思います。

でも修学旅行って子供にとっては貴重な経験
子供達のことを思うと、また行けるようになってよかったな~と思います。

今までの生活へ。
こういったイベントも、少しずつでも復活していけるといいですよね。

埼玉県の小学生は、やはり旅先が日光なんですね。
自分の小6の時から20年以上経ってますが、「行き先って変わらないんだなあ…」とニヤっとなりました。

それでは最後に、
私自身の修学旅行の忘れられない思い出を挙げて、終わりにしますね。↓

自由時間中に班ごと(4人)道に迷い、集合場所に20分遅れで到着。バスごと全員を待たせ、先生激怒。

…人生で初めて顔面蒼白(そうはく)ってのを経験した瞬間でした。
令和風に言うとぴえん通り越してぱおんですね。

でも今となっては、
全部が良き思い出です。

以上
ありがとうございました。

↓上尾西教室から見えた虹!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

新年度のワクワク感

個別指導の学習空間、上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。

新年度が始まりましたね。

この時期、
中学新1年生の「ジャージのぶかぶか感」が新鮮で、なんかいいですね。

今は大きめサイズですが、体が大きくなるにつれだんだんフィットしていく流れ。

特に新中1生は目が輝いています。
「これが中学生活か~」
「これが中学の勉強か~」

自分の過去を振り返っても
中学1年生の時は特に、世界が輝いてたかな。

新しく始まる生活に
ワクワク、
ドキドキ。

はるかなる太古の昔の話ですけどね…。

もちろん今も、ワクワク感MAXの日々ですよ。

生徒さんの成長に関われること、
そして新たな生徒さんとの出会い。

新年度、
充実した最高の毎日を過ごしてまいりましょう。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間