宿題を制する者は夏休みを制す

★☆個別指導塾の学習空間、入間藤沢・上尾西教室の花岡です!☆★

最近夏休みネタが続いてますね。

そこで私も、夏休みについての見解を書きたいと思います。

あ、タイトルにあんまり意味はありません。ちょっとカッコイイこと書いてみたかっただけですw

さて、そもそも夏休みってなんのためにあるのか?

きっと学校の先生からは、
「日中の暑くて効率の上がらない時間帯に一斉に勉強をするのではなく、夕方の涼しい時間帯に自分自身で計画を立てて実行する能力を身に付けたり、長期休業中にしかできないことに取り組んだりするため」
みたいなことを説明されたと思います。

そうですね、まさにその通りだと思います。

ですから、
「宿題なんて7月中に終わらせる!」ということを目標に頑張る人もいれば、「宿題?お盆が終わってから勝負します。」なんて後回しにする人もいて、時間の使い方は十人十色ですよね。

ちなみに私は断然「7月中に終わらせる」派です。

理由は、「やらなければならないこと」が残っていると、急に入った「とても魅力的な出来事」に対応できないからです。

これって別に夏休みの宿題のみならず、人生すべてそうだと思うのです。

例えば夏期講習の準備。(これは我々塾の先生方の仕事って意味です。)
後期は8月7日から始まりますが、入間藤沢・上尾西の両教室ではその準備を先週中に終えました。

なので誰かに突然「今日ご飯でも食べに行きませんか?」とか、「暑いから飲みにいきましょう!」と誘われても、対応できるのですww

「やらなければいけないこと」がいっぱい残っていると、
いざというときに「やりたいこと」を優先できませんよね。

そもそも仕事も勉強も、
「人生をより良く生きるため」
に頑張っていると思うんです。

高校・大学進学は目的ではなく手段ですよね。人生の通過点ですから。

方程式を解くことに意味があるんじゃない。
歴史の年号を暗記することに意味があるんじゃない。
勉強することに意味があるんです。

努力したり、覚えたり、覚えたことを活用したりすること。

それ自身に意味があり、その能力を高めるのが勉強だと思いますしね。
(まあ今回は勉強論はこれくらいにして・・・)

まあなにが言いたいかというと、前回のブログで望月先生も書いていましたが、
「夏休みにしかできないこと」
ぜひ、これにチャレンジしてください。

自転車で温泉旅行に行くもよし。
好きな子誘ってお祭りに行くもよし。
家族との貴重な時間を満喫するもよし。
部活で完全燃焼するもよし。

是非是非前向きでアツい夏休みを過ごしてください。

そのためにも、宿題は7月中に終えて8月は自分の時間を満喫するのだ!!!!

ってもう8月になってるし・・・

え?早い人は8月25日から学校始まるんだよね?

ってことはもう夏休み半分くらい終わっちゃったんじゃないか?

ひええええええー

On the road 2014.8.4

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA