モルという魔物

個別指導塾の学習空間、坂戸東教室の望月です!

ただいまテスト期間中ですね。
坂戸東教室の生徒もテスト対策で頑張っています。

本日テスト直前の高校生がいました。
その生徒は高校入試でもしっかり点数を取っていました。
基礎学力もしっかり兼ねそろえています。
教科書の内容を理解することも出来ますし、
勉強量さえ確保できれば結果はでるであろうという生徒です。
そんな生徒が明日テストの化学に四苦八苦していました。
モルの計算が今回の範囲です。
「意味が分からん・・・」「モルってなんなのさ?」「あ~赤点とりそー(>_<)」 見たいな状態でした。 モルの概念的な要素が完全に抜けていたので、 教科書に載っている事柄が数字でしか無かったんですよね。 別の高校生がいました。 その生徒は数学が大の苦手です。 中学生の時から苦手で、簡単な計算ミスもちょいちょいあったりします。 でもその生徒は化学が大好きです。 「化学は覚えなければならない事が少なく簡単」 「モルなんて簡単だよ」 みたいなことを言っていました。 モルってこんな感じだよねっていうイメージを自分の腹に落とし込めているんだなと感じました。 文系の私からみると化学も数学も同じ理系であるが 一方は数学の理解はできているが化学はさっぱり。 一方は数学が大の苦手なのに化学が得意。 不思議な現象だなと思ってしまいました。 ちなみに 私自身も学生の時はどうしても化学が好きにはなれませんでした。 そもそも化学を習ったことが無いと断言します。(化学の先生ごめんなさい) 多分それはものすごーく小さくて目に見えない化学という教科にイメージが持てず、 それが苦手意識につながったんだなと思います。 当時の望月青年もきっと、 「そもそも見えねーし・・・・意味わかんねーし・・・・(;一_一)」 みたいな感じだったと思います。 モルという単元は理系的な思考が必要ではなく、 モルという概念的な理解が重要なんだなということを感じました。 実際参考書を見てみると計算自体はいたって簡単だな~と思います。 何をいまさらと理系の先生は思うかも知れませんが・・・そのへんはあまり突っ込まんで下さいm(__)m そんなこんなで今日はその化学苦手な生徒と遅くまで化学と一緒に格闘しました。 明日は赤点取るなよ~ もち@モルちょっとわかった☆ 埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA