いざ中間テスト!

個別指導塾の学習空間、入間藤沢・上尾西教室の花岡です!

いよいよ中間テストが目前に迫りましたね。(すでに終わった人はご苦労様でしたw)

1日は24時間なので、テスト前にいざ勉強しようとなると、日常の生活習慣と何かを変えなければなりません。
つまり、今までTVを観ていた時間やゲームをしていた時間を削らなければ、机に向かう時間は生み出せませんよね。

部活動停止期間になったら勉強しよう!と思っている人も多いかと思いますが、それだと生み出せて2~3時間×数日でしょうか。
なので、大切なのは日頃からの学習習慣なのです。

学習空間の生徒たちは普段から3時間以上机に向かっています。なので、テスト前だからといって急激に生活習慣を変える必要がありませんよね。それってすごい強みだと思います。

しかし、時間がすべてではありません。
いつもより長く机に向かえば結果が出るというわけではないのです。

例えば、所属している部活動で、「強くなりたい!」「人よりうまくなりたい!」そう思ったらどうしますか?
きっと、友人より一杯練習したり、専門書を読んだりと陰ながら努力をするはずです。
勉強も同じですよね。
結局、人よりどれだけ一生懸命やれるか、頑張れるかなんです。

そのうちの一つが
「時間をかけること」であり、
「集中して取り組むこと」であり、
「目標をもって努力すること」なのではないでしょうか。

ただ、部活動の練習は頑張れるのに勉強はやる気が起きない。それはなぜか?
そりゃ答えは明白です。
勉強を好きな子なんて、あまりいないですよね。
つまり、好きなことは頑張れるけど、乗り気しないことには消極的なのです。
じゃあ勉強を好きになればいいのでしょうが、それって難しいでしょう。
好きな教科もあれば嫌いな教科もある。だけど、学校では一律に全教科の勉強をしなければならないのですから。

じゃあどうすればいいか?

それは、
「やりたいことか否か」で判断するのではなく、
「やらなければならないことか否か」で判断できるようになれたらいいのでしょうね。

ちなみに、社会に出れば、好きとか嫌いとか言ってられません。
仕事において上司に選択を迫られたら、その答えは「はい」か「yes」の2択ですw
極端な話「no」なんて答えは存在しないのです。
(あ、あくまで一般論ですよ。たまに無茶なメールを送ってくる上司へのメッセージじゃあないですよwwww)

しかしまあ、そんなときに困らないように、好きとか嫌いではなく、やるべきかどうかで判断できる大人になってくださいな。
(いや、これは真面目な話w)

最後に一つ、結果を出すための方程式です。

「時間」×「集中」=「力」

中間テスト、頑張るぞ!!!

On The Road 2013.5.20

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA