なぜ?を考える!

個別指導塾の学習空間、大宮宮原教室、浦和大東教室担当の小林です。

皆さん復習は正しくできていますか?

復習を行う時に最も大切なことは、原因を探ることだと思います。

間違った問題を書き写して解答を書き写しただけだと、ただの手の運動になってしまいます。
そんな風に復習をして何か変わりますか?

例えば、学校の定期試験や確認テストを「健康診断」だとします。
その結果には、「あなたの現在の状態」のデータが書き込まれています。
しかし、「健康診断」をいくら繰り返したところで、健康になるわけではありません。
大切なのは「病気の原因」を探ること。
そして、病気の原因を取り除き「未来の健康」を手に入れることです。

つまり、「模試の復習のポイント」は、
「間違った問題を二度と間違えないこと」ではなくて、
(もちろん、これは大切です。しかし、これだけではダメなんです。)
「間違った原因を探ること」
です。

仮に、「間違った原因」が、「計算ミス」だったとしましょう。
その問題の解答を書き写しただけでは、計算能力は上がりません。
大切なのは、「どうして計算ミスをしたのか」です。

自分自身になぜ?と問いかけて、原因をつきつめてみましょう!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA