マスクが売ってない!

個別指導塾の学習空間、埼大通り・浦和大東教室の岩田です!

毎日何かしらコロナウィルスに関連したニュースを聞く日々になってしまいましたね。
学習塾という生徒が一か所に集まるという形態上、受験・学年末テストの時期の繁忙期ではありますが無視はできませんね・・。

ところで皆さまもマスクや除菌グッズがあらゆる店の店頭から消えているのは重々承知のことかと思いますが、今回のマスク騒動だけでなく、歴史上に多様なケースは以前にもあったようです。たとえば1973年のオイルショックの時にはトイレットペーパーの買い占めがおき、それに伴ってティッシュなどの関連商品も買い占めが発生し問題となったようです。

ちなみに豆知識ですが、トイレットペーパーは石油化学関連商品と言われますが、どこに石油が使われているか気になりませんか?私も気になったことがあるのですが、あれは実はドロドロに溶かした原料を乾かして紙にするときに大量の石油を消費するからで、直接石油から紙を作っているわけではないようです。確かに石油から紙は作れませんね・・。

それはさておき、今回も買い占めが大規模に発生してしまっているのですが、どうやったら買い占めは防げるのでしょう?もちろん各個人が自分のためだけでなく周りの人のことを考えて思いやりある節度のある行動を・・となれば良いのでしょうがそんな簡単にはいきません。

不安になる→つい買いすぎる→品薄の情報が出回りはじめる→不安になる→確保しようと多く買ってしまう→マスコミから品薄情報がまた拡大する・・・・このループ+転売目的の買い占め(個人・組織)により現状になっていると言われています。正直皆がもし災害時にパニックになって非常口に駆け込んでいるときに「落ち着いては走らないでください!」なんて声をかけても無駄ですよね。こうなってしまってはブレーキをかけるくらいしかできなくなってしまいます。

なので現実的かつ効果的な対策は、この経験をもとに普段からある程度備えておくということに尽きるのではないでしょうか?私も絶対に風邪をひくわけにはいかない職業柄、職場だけでなく家にも必ず50枚入りのマスクを2箱ストックしています。今回もまだそのマスクが残っているのでなんとかなっていますし、普段から少しずつ貯めてあればこういった騒動が起きてもある程度は対処できると思います。

備えあれば憂いなし。うまい表現ですよね。
早く騒動が収まって欲しいと心から思います。いや本当に・・。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA