あまりいい話ではないのですが…。

個別指導塾の学習空間、本庄南&桶川東教室の五味です!

9月1日の日曜日のことなんですが、外出先から帰ってくると部屋の鍵を紛失していました。
いつも後ろのポケットに入れておくのですが、何故かなくなっており本当に焦りました。そこで、立ち寄った先を思い出し、順次巡りまわっていき約1時間後に発見できました。
とあるコンビニに立ち寄った際に落としたようで、店員さんがきちんと預かっていてくれたようでした。
家から近いにもかかわらず、普段はあまり行ったことがないのですが、店員さんの優しさに感動したので、今後は足繁く通おうと思いました。

で、9月7日の土曜日のことなんですが、教室からの帰宅途中で、何か動物をはねてしまいました。
ネコかタヌキかよくわからないのですが、その系統の動物でした…。
2車線の道路で、反対車線を渡り切ったところで、何故か猛ダッシュで引き返してきました。当然、ブレーキを踏むとかハンドルを切るなどの余裕もなく、はねてしまいました。ただ、私自身は、はねたというより車の側面に動物がぶつかってきたという感覚です。ですから、「動物が車の側面にぶつかってきて、はね飛ばされた。」という感じですかね。もちろん正確なところはわからないのですが、タイヤで轢いたとか、車体の下に潜り込んでしまったというような場合は、その後の姿が想像に難くないですし、精神的にもかなりダメージなので、「はね飛ばした。轢いてはいない。」と思っています。
農道のようなところで、夜ということもあり交通量が少なかったのですが、やはり時と場合によらず安全運転を心がけようと思いました。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA