北辰テスト対策 夏休みもあと1週間…

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室、鴻巣西教室の北岡です!

皆さん夏期講習お疲れ様でした!
この夏の夏期講習みなさんはいかがでしたか?

中学校3年生は今まで以上に勉強した夏休みだったのではないでしょうか。

そんな長かったような短かったような夏休みも終わりに近づいて来ましたね。

ちょうど今私がブログを書いている時は夏の風物詩とも言える24時間テレビがやっています。
昨日の土曜日は東松山で花火大会もやっていたそうです。
坂戸西教室まで音が届いていました!
数年前に雨で日曜日開催になった時に行った記憶が蘇ってきました。

夏休みも終わりまであと1週間少しですが、学校の宿題は終わりましたか?
受験勉強のやり残しはないですか?

まだ日にちは残っています。
残りの夏休み充実したものにする為にも、勉強も遊びも全力ですね!

そんな夏休みでしたが、8月が終わってすぐ。
9月1日に第4回北辰テストがやってきます!

今回の北辰テスト範囲のメインは1.2年生です。この夏休みで勉強した成果が出てくることを祈っています!

そしてこの北辰テストで結果を出すために、また北辰テストの傾向やテスト形式に慣れてもらうために、学習空間の各教室では北辰プレテストを実施しております。(中学校1,2年生や小学校高学年向けの模試も実施しています!)

北辰プレテストでは類似問題を解き、次の北辰テストまでの1週間単元を絞り、カリキュラムを作成しています。

今回も多くの生徒さんが参加したのですが、皆さんにこのブログで北辰テストや入試で使える必須初級テクニックを伝えたいと思います。

まず1つ目に

必ず全ての解答欄を埋めること!

初めて北辰テスト等を受ける子に多いのですが、わからなかったので空欄で終わってしまう子がとても多いです。

例えば記号問題

4択の選択肢があった場合書くか書かないかと言われれば書いた方が丸になる可能性があります。
解答欄は空欄にしていても間違っても減点はありません。
であれば書いた方がいいですよね。

こんな事を思う人もいるかもしれません。
運で当たってしまった問題は実力ではない、と。

でも私はこう思います。
解答欄を少しでも埋めて1点でも多く点を取りたい!
その強く、がむしゃらな気持ちこそ、辛く大変な受験勉強を乗り超えていくために必要なものの1つであり、将来力になってくれるもののひとつだと思います。

北辰テストや入試では部分点が貰える問題が多数出題されます。
テストの傾向や出題内容、今の自分がやるべき単元。テストでのテクニック。一つ一つ身につけていくことが大切ですね。
しっかりと受験に向けて3月にみなさんが笑顔になっている様に日々全力で指導していきます。

少し長くなりすぎてしまいました。

2つ目を書こうと思ったのですが、長すぎると読むのも疲れてしまうと思います。

2つ目以降はまた次のブログで書く機会があれば書いていこうと思います。
教室の生徒で気になる子は先生に聞いてね!

いつもより長く書きましたが勝負の夏も終わりにさしかかり、指導への熱がブログの長さにも比例したのかもしれません。

ではまた次のブログでお会いしましょう。

坂戸市の塾なら個別指導の学習空間
鴻巣市の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA