中学生時代

個別指導塾の学習空間、本庄南・桶川東教室の森井です!
面談期間で保護者様とお話をしていると親としての気持ちと講師としての気持ちが合致する点がよくあります。
それは例えば、中学生の時に自分が経験した「あの時ああしておけば…」や「あの時ああしなければ…」
ということを子どもたちにはしてほしくないということです。
自分の中学時代を振り替えてみるとそんなことだらけなことに気付きます。
だからこそ自分と同じ思いをしてほしくないがあまり強く言うのだと思います。
子ども、生徒たちにとっては耳の痛い、「ウザい」ことかもしれませんが、
少し経った後に振り返ってみると「やっぱりいうことを聞いておけばよかったな…」となるのです。
人生でそう何度もない勉強で苦労する受験の時くらい、
少しくらい無理をしてのちのち後悔をしないようにしてみてはいかがでしょうか。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA