受験シーズンも終了しましたので・・・・。

個別指導塾の学習空間、桶川東&本庄南教室の五味です!

受験シーズンも終わりを迎えましたね。受験生の皆さんお疲れ様でした。

さて、中学生はともかく高校生ともなると卒業旅行を計画しているという話をちらほら耳にします。大学生ともなると海外へ行ってみたりということも出てくるかと思います。

そこで、卒業旅行にかけて、観光客向けに海外の治安の悪さを揶揄したネット上の話を載せてみようと思います。

よく話題になるのは、中南米、アフリカ、中東ですが、しばしば誇張されて書かれていることもあります。そのうえで、ちょっと驚いたというか大げさだというか、面白い(不謹慎ですが)を紹介します。

よく見るのが南アフリカ共和国のヨハネスブルグ。過去にはサッカーのワールドカップも開催されたことがありますが、FIFAが治安の悪さから開催地を変更するかどうかなどという噂も出たほど、よくネタにされます。いくつか載せてみますと・・・・。

 

・車に乗っていて赤信号で止まると、拳銃武装した強盗に囲まれる。そのため警察官が赤信号で止まらないように信号無視を推奨している。

・宝石の付いた指輪をしていると指ごと切り落とされ盗まれる。高級腕時計をしていれば、腕ごと切り落とされて盗まれる。

・バスに乗ると、乗っている乗客はたいてい強盗。

・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われるのが100%、また襲われる確率が50%。200%になっていないのは1度目の被害で死ぬ確率が50%だから。

・タクシーから降りてショッピングセンターまでの10mで強盗にあう。

 

もちろんネタ話もあるようですが、あながち間違いであるともいえないようです。

やっぱり日本がが一番ですね。

 

 

 

 

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/saitama/”>埼玉の塾なら個別指導の学習空間</a>

 

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA