人の価値

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室&学プラ講師の永澤です。

今日は「人の価値」について話したいと思います。

先日、私はスカイツリーの横にある東京ソラマチというところに行ってきました。

お目当ては、「マイケルジャクソン展」です。ちなみに2回行きました。

私はマイケルジャクソンが大変好きであり、私のマイケル好きは坂戸西教室の誰もが知っています。

マイケルジャクソン展では、彼が生前使用していた衣類を中心に、小物やCD、グラブなど、彼に纏わる様々なものが展示されていました。終始興奮しておりました。

なぜこの時期にこのような催しを行ったかというと、今年12月に彼の使用していたものが、オークションにかけられてしまい、一つ屋根の下に、彼の所有物が集まることが、難しくなるからだそうです。貴重な体験でした。

私がすごいと思ったのは、彼の身に着けていたものが高額で取引されるところです。

これまででいうと、彼の身につけていた衣装の切れ端(4cm2くらい)が2万円とか、彼のサインは、10万円単位は当たり前、生前最後のサインにおいては1000万円の価値があるとか…驚愕ですね。

今回のオークションもどのくらいの値がつくのか楽しみです。

ここで言いたいのは、彼の人としての価値についてです。例えば、サイン。

サインなんて、言ってしまえば誰でもかけますよね、ペンと紙があれば。

私がサインを書いたところで、1銭の価値もありません。たぶん

しかし、彼が書いたものには値がつく、しかも高額で。

これは、人としての価値が高いからなのではないでしょうか。

彼がここまで賞賛される所以は、彼の音楽とダンスによって、黒人音楽の壁をぶち破ったこと、CDを最も多く売ったこと(「Thriller」というアルバムの総売り上げ1億400万枚以上)、史上最も成功したエンターテイナーであることなどからだと思います。

それ以外にも、彼は今まで他が成し遂げられなかった数々の偉業を成し遂げています。

これが彼の価値なのだと思います。

このような人生を送ってきたからこそ、サインひとつとっても、高値がつくのではないでしょうか?

学習空間の理念は「生徒を育てる」です。将来、自分自身で壁を乗り越えられる、そんな生徒に育ってほしいというところからこの理念を掲げています。

中学生・高校生にはまだまだ時間があります。これからもっともっと自分を磨き、壁を乗り越え、人としての価値を高めてもらいたいなと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA