インフレデフレ

個別指導塾の学習空間、大宮宮原教室担当の貝塚です!

 

夏も終わり涼しくなってきました。過ごしやすい時期ですね(^^♪

 

今日はインフレとデフレについて書きます。

 

え?なんで書くかって?? それは教室で教えていると、インフレとデフレで生徒が困惑している場面をよく見るからです。中学3年生は公民の分野に進んでいるので、ぜひ読んでみてください(^^)/

 

 

まずはインフレとデフレという言葉を聞いたことはありますか?正確ではありませんが覚えやすいように簡単に言うと、国のお金が多い状態をインフレ、お金が少ない状態をデフレと呼びます。

 

それじゃあ詳しく説明します。

 

まずはインフレです。国のお金が多い状態とは、海外に日本の商品がものすごく売れたときにおこります。海外に商品が売れるとその分日本のお金が増えてきますね。そうすると国のお金が多くなりますよね(^◇^) これがインフレ状態。

 

反対に日本が海外の商品をたくさん買うと、その分日本のお金が無くなっていきますよね。これがデフレです。

 

それぞれいいところも悪いところもあります。

 

インフレは日本のお金が多くなるので、その分給料があがったりして生活が豊かになります。問題点は商品の値段が上がることです。(なぜ上がるかは調べてね)

反対にデフレはお金が少なくなる分商品の値段は安くなります。(なんで安くなるか調べてねw)

 

まずは今日書いたことだけをきちんと覚えておいてください。そしたらスムーズに学習が進みますよ(^^)/

 

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/saitama/”>埼玉の塾なら個別指導の学習空間</a>

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA