人生を変えたスパゲティー

☆個別指導塾の学習空間、坂戸東教室・北本教室の沖村です☆

今までに、皆さんには、人生の転機はありましたか?

私は、今でも一生忘れられない体験がいくつかあります。とはいえ、片手で数えられる程度、ですが。

何人かの生徒に話したことがあるかもしれません。

その1つを今回は、お話しますね。

小学生の頃、父親の仕事の関係でアメリカに住みました。

そこで、私の人生を変えたであろう体験をしました。

僅か7歳であった私は、日本人が主に集う日本人学校ではなく、
現地の学校
《当然、色々な人種の子供がいました。日本人は女の子一人。アフガニスタンから戦争中だから逃げてきたと言っていた子、中国人、韓国人、台湾人、タイ人のアジア系、イギリス人、フランス人、ドイツ人のヨーロッパ系、アフリカからきたというアフリカ人、混血だよと言うアメリカ人などなど。白人も黒人も皆一緒。とてつもなく、自由、世界の広さを肌や空気で感じました。》
に行きました。
いや、行かされました。笑。

そして、数多くのスポーツから、集団のイベントに参加させられました。
《今思えば、良い体験をたくさんさせてくれました。両親に大感謝です。》

そこでそれらを通じて学んだことは、山ほどあり、ここには打てきれません。

今回は、1つだけ紹介します。

最後は、人間、年齢に関係なく、自力でなんとかしなければならない、ということです。

言葉が、通じない、ということのハンデはここまで大きいのか、と身をもってわからさせられました。

当時、

あるイベントのお泊まり会に参加させられたのですが、

恥をかき?困り、楽しむことなど出来ませんでした。

両親の会社の方の息子さんがいまして、ちょうど歳が私の1つ上でした。

現地生まれでも、お母様は日本人、少しだけ日本語が話せる、ということで、何かあれば彼を頼ればいい、ということでした。

しかしやしかし、彼は何の役にも立ちませんでした。

助けには、1つ足りともなりませんでした。

むしろ、彼がペラペラと英語を堪能に話し、楽しそうにしていた姿、助けを求めてもあしらう態度に、恨みや憎しみや怒りがこみ上げて、仕方がありませんでした。

30年以上経った今ですら、なんだったんだ、アイツは。アイツは、ダメだな。話にならん。と、怒りを思い出します。

とまあ、そんなことは良いのですが、

そんなイベントの夜、皆で夕食を食べましょう、と夕食会が始まりました。

お腹も空いてるし、とりあえず彼の隣に座れるようにスタッフ?に誘導されたかったのですが、なかなかうまくいかず。

結局、彼とは2つ間が空いたところへ座ることに。どうやら、夕食は、メニューをみて、自分自身でスタッフに注文するようです。

メニューを開いても、すべて英語。当然、全くわかりません。

呪文かよ!マジか!!わけわからんわ。やべー。マジでやべー。変なもん喰わされたらどうなるんや?まあ、アメリカやから、喰えんもんはあんまないやろ、と心で

自分自身と会話をしたのを覚えています。

正直、おしっこをちびりそうになりました。

物凄く、怖かったのをより鮮明にメニューを覚えています。長椅子、長テーブルであったことも明確に記憶しています。

メニューをみてもわからない私は、彼に聞きました

2つ間が空いているので、隣にいた子は、邪魔やお前!お前やないんや!とまたまた心で思いました。笑。なんて強引というか、必死だったのでしょうか。

彼は、結局、相手にしてくれませんでした。

彼は、一切、片言の日本語も使用せず、私をあしらいました。

その夕食以後、私は彼は使えない、これは自分で何とかするしかない、とジェスチャーを駆使し、なんとかしのいでいきました。

話を夕食へ戻しましょう。

メニューをみた私は何がなんだかわからないまま迷っていました。

いや、困っていました。

皆のもとには、スパゲティーが運ばれてきます。

どうやら、主に、パスタ系がある模様。湯気がでて、とってもおいしそうなミートソーススパゲティー。

俺もあれがいいな、と思いました。ヨダレが出そうなほど、おいしそうでした。

ええやん~テンション上がる~。

しかし、メニューのどれを頼めばそれがくるのか、わかりません。スタッフに一所懸命に聞いてみましたが、全く伝わらず。私は、賭けに出ました。

メニューの一番上が、オーソドックスな品物だろ!と小学生なりに考えまくりました。

一番上に書いてあったメニューに賭け、注文しました!

しばらくすると、注文したメニューが運ばれてきました。

不安もありましたが、ワクワクしながら、スタッフの持ってきたトレーを見ました。

おっ、俺のはあれかな?あれかな?違うかー、違うかー。

さあ、きたぞきたぞ!ん?なんか白いのが見えるなー。それが、俺のか?!俺のなのか?!

つづく。

学習空間には、こんな面白い先生がいます。アットホームだからこそ生徒さんが集う。

アットホームだからこそ、卒業生が来てくれる。

いつも、あなたのすぐそばに、アットホームはすぐそばに、学習空間。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

on the road 2016.6.4 虫歯0の日

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA