ばあちゃんの 花梨ジースが 凄いらしい。

個別指導塾の学習空間、坂戸東教室の望月です!
めっきり寒くなってきましたね。
私は季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね。

ここ最近は家でも風邪が流行っていて、
妻や子供たちの咳の大合唱を近距離でくらっている日々を送ってきます。

そうしたら昨日からやはり風邪がうつされました。(>_<)

喉が痛いです。。
皆さん喉が痛くなったらどうしていますか?
マスク、喉薬、のどあめなどなど何かしらの手当をする方が多いと思います。

私のお勧めは「花梨ジュース」です。
喉を痛めた日は花梨エキスをお湯で薄めて、はちみつやショウガを混ぜて
飲むと次の日には瞬く間に治ってしまいます!

それはいくら何でも大げさだ!という目の前のあなた。嘘だと思っていませんか?
でもこれが本当なんです。
花梨は喉の痛みを解消するのに一番の効果があると経験上学びました。

私が花梨と出会ったのは中学生の時です。
家の庭には花梨の木がありました。
秋になると庭には花梨の大きく黄色の実がなり、ほのかに匂いが香ってきます。

といっても少年時代は全く気にもなりませんでしたし、
そもそも食べた記憶もないので、食べれるなんて知りませんでした。

ある日、喉がいたそうにしていたら
同居していた祖母が花梨を飲みなさいと言ってきました。
すると、祖母は引き出しの奥からあやしー瓶に入った、
ちょっと黒茶色の液体を持ち出してきました。

しかもラベルには祖母の書いたであろう文字で「花梨ジース」

・・・

「ジュース」だから!(´◉◞౪◟◉)

と軽く突っ込んでしまう感じです。

そんないつ作ったかもわからない様な液体に、
流石に怪しすぎて最初は拒否しました。

が、孫思いの祖母は引きさがりません。
「いいから飲んでみろ。薬なんか飲まなくても花梨さえ飲めばすぐ良くなるぞ」
と半ば強制的にコップに注ぐ祖母。

ばあちゃんがそこまで言うならと飲んでみたところ、
喉を通った花梨が腫れている箇所を優しく包んでくれるような感覚になりました。
イガイガ感が緩和されて、かつ身体もポカポカ。

「結構いけるぞ」とお代わりをする私。

その時ははじめの印象とは大分違いました。

次の日、起きてみるとなんだか喉が痛くありません。
あれだけ痛かった喉が・・・・感動で言葉が出ないくらいです( ゚Д゚)

ばあちゃんの知恵袋凄いなっと感心しました。

「ジース」の文字を除いては(´◉◞౪◟◉)

それからは花梨の虜です。
のどが痛くなったら花梨、
大きくなってもその習慣は変わりません。

少しずつ寒くなってきて花梨が恋しくなる季節となってきました。

ぜひぜひ皆さんのなかにも

「花梨ジース」(´◉◞౪◟◉)

をご賞味したことがない方がいらっしゃったらお試ししてみてください。

また、受験生でもし体調が悪くなりかけたらぜひ飲んでみてください(^^)/
きっと体も喉もぽかぽかした気持ちにさせてくれるでしょう。

みち@実家で花梨信者は私だけ!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間
坂戸市の個別指導をお探しなら学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA