滅亡論

個別指導塾の学習空間、本庄南&桶川教室の五味です!

先日、ネットで興味ある記事を見つけました。内容は地球滅亡に関するものなのですが、この類いのものは、度々、世間に流布されちょっとした騒ぎを引き起こしたりするものですが、今回の件についてはNASAが公式に否定見解を出すなどしたようです。

滅亡の原因としては、隕石の衝突という比較的ありふれたものなのですが、わざわざNASAが公式コメントを出すなどすると、逆に勘ぐってしまう場合もあるのではないかと思いました。

もっとも、地球滅亡の予言などは過去にもたくさん出回っており、ことごとく外れているので一部の人を除いて大騒ぎするような事でもない様な気がします。が、中には信じ切って暴挙に出る人もいると言う事なので、NASAのような権威ある機関がコメントを出すことも必要なのかなとも感じます。

しかし、一方で過去には隕石等の衝突という出来事は実際におきていて、昨年ですかね、ロシアだかに隕石が飛来、爆発してそこそこの被害が出たような覚えがあります。また、恐竜の滅亡は隕石の衝突が原因だと言われていますし、中学3年生のある出版社の教科書には月の生まれた原因は地球に巨大天体が衝突したからといった論説文も載っています。
地球が今すぐにどうこうなるわけではないさそうですが、今後、気の遠くなるような年月の中では隕石の衝突も無きにしも非ずといったところでしょうか。
実際にNASAも含め、地球に壊滅的な被害をもたらす恐れのある小惑星などを探査、監視している団体もあるようですし。
で、ある専門家の方が言うには、隕石等の衝突による滅亡の可能性が高い場合、それを回避する最善の手段もあるようです。それは衝突しないように「祈る」ことだそうです。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA