教科書の本文

個別指導塾の学習空間、桶川・鴻巣西教室担当の貝塚です!

今回はオラウータンの生息地について書きます。

オラウータンはみなさん御存じですね。「森の人」と呼ばれる世界最大の樹上生物で、一生のうちほとんどを木の上で生活する
大変愛くるしい動物です。

そんなオラウータンですが、現在生息地がかなり減ってきています。
理由は人類による”森林伐採”です。

森林伐採と聞くと、木材として使われるイメージがありますが、オラウータンの場合
ヤシの実からとれるパームオイルという、マーガリン・石鹸・バイオディーゼルなどの
原料をとるために森林が伐採されています。

このパームオイルというのは、実は環境に優しい原料です。
しかしながらその環境に優しいものをとるために、環境を壊してしまっては意味がありません。

今一度私たち人類が地球環境とのつい相方を考えていかなければなりません。

。。。。。。と、なんでこんなことを書いたかというと、
実は高校生の英語の教科書に記載されていたものです。

英語を勉強すると必ず長文がでてきますね。英検、学校の教科書、そして入試。

どうしても問題として出てくるので、内容よりも、いかに早く正確に訳し、
そして正しい答えを導き出すことに意識が向いてしまいます。

あえてそこで書かれている内容にももっと興味を持ってみてはいかがでしょうか?^_^
ほんのちょっと、今よりも英語を読むことが楽しくなり、知識もたくさん持つことができますよ。

ちなみに余談ですがむかぁし、私が英検の勉強で長文を読んでいた時、
「カオス理論」について書かれていて、日本語で読んでもさっぱりわからなくて
発狂したことを今でも覚えていますw

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA