感謝の心~その一

◇◆個別指導塾の学習空間、坂戸東・北本教室の沖村です◆◇

寒くなってきましたね。

皆さん、お元気ですか?

風邪も流行ってきております。

夜では、外気温がしょっちゅう1度、2度、なんてこともあります。

お身体に気をつけてくださいね。

さて、よく、生徒の皆さんにも語る人生論の一つをまた打ちます。

ちなみに、今月は、わけあって、私の投稿が凄まじく多くなると思いますよ。笑

皆さん、『感謝』と聴いて何を連想しますか?

いろいろありますね。

今まで、私も感謝してきたことがたくさんあります。

人間、感謝の念を忘れたら終わりだとも思っています。

大事ですよね。

当たり前のことは、当たり前ではありません。

当然かもしれませんが、当然ではないのですよね。

自分自身、風邪をひいて、寝込むことがあれば、健康であることに感謝しますよね。

自分自身が健康でない状態におかれた時に気づくことも多いかもしれません。

しかし、そうなってからでは遅いのだと考えます。

日頃から感謝感謝。

皆さん、今日も学習空間にきてくれて、書きますね。

当たり前ですが、仮に怪我をしていたら、今まで当たり前のように書いていたものが

たちまちかけなくなり、苦労しますよね。

考えたら、切りがありません。当然のように学校に行ける。考えたら

平和に学校に行きたいと思っても行けなかった時代があります。

今でもいけない人がいます。

当然ではないのですよね。

しかし、そこは人間。いつの間にか、当然のことに思い、感謝を忘れる。

駄目ですね。

今日も君が学習空間にきてくれた。これは、本当は、当然ではなく、

嬉しいこと、感謝すべきこと、なのですよね。

生徒の皆からしたら、先生に面倒をみてもらい、感謝。

行かしているくれている親にも感謝ですよね。

ただでは、ないのですから。

我々も、お月謝を頂いている以上、全力でサポートしなければなりません。

ただ、学習空間は、お金をもらっているから頑張る、ではないのですが。

どこまでも、無償の愛が働く場面がございます。

まるで、我が子のように、育てたいのです。

感謝の心を持って。

不思議なことです。親の立場に立ってみると、不思議不思議。

子としての立場の自分と親としての立場の自分が

両方、理解できてしまうのです。

その立場に立たない限り、絶対にわかりません。

どんなに他人の子を育てたとしても。

そう信じざるを得ない12月初頭、です。

今日も走れることに感謝。

気持ちええな。走れることって。こんなこと、若い頃には感じなかったな。

今日も食べられる。帰れるところがある。

感謝。感謝。

仕事が出来ることに感謝。

埼玉の中3生は、今日は、テストですね!!

いってらっしゃい!!

では。

この10年、20年、

ワープしたようにしか思えない。

人生って、そんなもの。

一日一日を大切に。

ON THE ROAD 2014.12.07

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメント

  1. 元学習空間に通っていた生徒 より:

    がんばれーp(^-^)q

コメントを残す

*

CAPTCHA