生徒とともに

☆★個別指導塾の学習空間、入間藤沢・上尾西教室の花岡です★☆

最近めっきり寒くなってきましたね。

風邪などひかぬよう気を付けてくださいね。

さて今回は我が教室のとある生徒との話について。

先日ディズニーランドに行ってきたとのことで、写メを片手に色々と話をしてくれた。
もっとも、ディズニーランドに行くということは先週話してくれていたので、「どうだったの?」と話を切り出したのは私の方だ。

指導中のちょっとした時間にそんな雑談を楽しんだわけだが、彼女との雑談の後にはいつも思い出すことがある。

それは、彼女が入塾後ちょっとしてから交わした会話のことだ。

彼女「明後日休みます。」

私「うん。どうしたの?」(^○^)

彼女「ちょっと出掛けるので。」

私「へー、どこ行くのさ?」(゜-゜)

彼女「別に言いたくありません。」

私「・・・・・。」(;・∀・)

その時はもうそれ以上聞けなかった。

彼女は上尾西教室の第1期生。
上尾西教室オープンのチラシを見た親御さんが、初日に電話をしてきてくれたことが出会いのきっかけだ。
週3回、私の曜日に通塾してくれることになったが、入塾後しばらくはあんまり上手にコミュニケーションをとれなかった。

それから早いもので1年7ヶ月。

今ではいろんな話をする。

今日あったこと。
人間関係の悩みや思い。
もちろん、進路や勉強のことも。

そして何気ない会話の後には必ずその時のことを思い出して、ちょっぴり楽しくなる。

以前彼女にその事を話したら「覚えてるよー。あの頃は、ね。」と言って笑ってた。

それ以降、あんなにも痛烈に会話を拒否される経験はないが、改めて思う。

学習空間は勉強を教える「塾」だが、根本理念は「生徒を育てる」であり、それには人間関係の醸造は必要不可欠。

何より、私たち講師自身が、生徒のことをもっと知りたい、もっと信頼関係を深めたいと考えている。

だからいろいろ生徒と話をする。

そうして今後も、生徒一人一人が安心して通い、前向きに学ぶ教室を作り上げていきたい。

@みんなー、中間テストお疲れ!

on the road 2014.10.22

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA