『少年の傑作』

◇◆個別指導塾の学習空間、坂戸東・北本教室の沖村です◆◇

その少年は、決して運動は得意ではなかった。

しかし、水泳をやっていた。ある水泳の試験で、何度も不合格をもらっていた。

そんなある日、父親が声をかけた。

練習しにいかないか?

少年は、始めは拒んだが、母親が横で推しているのもあり、渋々行くと決断した。

それに、幼い頃から水に触れているのもあり、水泳はもとよりプールに抵抗はなかった。

現地に到着すると、少年は遊んでばかり。

練習なぞ、する気配すらない。

困惑した父親は、何度も泳ぐように指示を出す。首を横に振る少年。父親は、少しでよいから、と少年を誘導する。

父親の粘りに負けた少年は、少しだけ泳ぐ決意をした。

父親は、すかさず、心から褒めた。

少年は、僅かに頬を緩めた。

父親は、目標を立て、少年を励ましながら、練習に向かうようその場を盛り上げた。

勿論、達成したあとの話もした。

結果、少年はゆっくりと泳ぎ出した。

父親は、手を差しのべず、横から後ろから支援した。

あと少し、まだまだいける、いけいけいけ、出来る出来る、本人の力になるような前向きのことばだけ、投げかけ続けた。

少年は、自分自身の最高記録を一つ打ち立てた。

同様に、次の目標を立て、これまた達成し、その日のうちに少年は三つの目標を達成したのである。

驚きとともに、まさに彼の歴史に刻まれた瞬間であった。

ここから、学びとれることが、いくつかある。

一、運動が苦手でも取り掛かることで、何が起きるかわからないこと。

一、母親が推したこと。つまり、家族の協力。周りの協力。

一、父親が、励まし続けたこと。褒め続けたこと。
少しずつ進め、乗り越えられる壁、目標を用意したこと。
目標を立て、本人と共有したこと。
達成したら、どうなるかも明確化にしたこと。

いかに目標を立てることが大事か、目標を的確に明確に立て、本人と共有することが大事か、何より褒め続け励まし続けることが大事か、

を教えてくれているようである。

On the road 2014.9.18

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA