見えない努力

個別指導の学習空間、入間藤沢教室&入間扇台教室の石川です。

先日趣味の吹奏楽に関連して、マーチングコンテストの全国大会を聴きに行ってきました。以前ブログで書かせていただいたのですが、私は小学校から高校まで吹奏楽部でテューバを担当していました。高校の時は、野球応援でスーザフォンという楽器に持ち替え、アルプススタンドで爆音を出していました。

全国大会…到底私には届かぬ夢でしたが、今の大人目線で演奏を聴いて感じたことがあります。それは「この晴れ舞台で最高の演技をするために、どれだけのことを練習してきたのだろう」ということです。

マーチングは演奏・行進・パフォーマンスが融合した作品です。座奏ですらアインザッツ(音の出だし)が合わず、何度も繰り返し練習した経験があるので、果たしてこの一瞬にどれだけの想いが詰まっているのか、想像しただけで尊敬してしまいます。

勉強する意味って何でしょうか?特に受験生は、入試がどんどん迫ってきています。本番は1回きりです。そこで成果を出し切れなければ意味がありません。では本番で出し切るには何が必要か?それは日々の勉強から湧き出る自信です。自信ほど強い見方はないと思っています。
「これだけ勉強してきたから、どんな問題が出ても絶対解いてやる!!」
今の時点でこう断言できる人は1人もいないはずです。逆に言えば、入試までにこのように断言できる人になってください。ならなければいけません。

埼玉県立入試まであと84日です。時間は止まってくれませんが、全員平等に与えられています。どう頑張るかは自分次第…ということを肝に銘じて、全力投球していきましょう!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

ポジティブな言葉があなたを救う…?

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!

中学生の皆さんは期末テストが一通り終わる時期かなと思います。大宮宮原教室・埼大通り教室ともに生徒たちは本当に頑張っていたと思うので、数日だけは優しい先生でいようかなと考えています。笑

今回のブログは勉強に間接的に関係のあるような話題でいきたいと思います。

ネガティブよりポジティブな考え方の方が良さそうなイメージは皆さん何となくあると思いますが、勉強面ではどうでしょうか?たとえばある生徒は数学の問題が解けなかった時に、

「私数学ダメだからわかりません。こんなの絶対無理です解けません!」

と言った否定的なコメントになります。ですが、考え方がポジティブな子は

「今回で少しわかった部分もあるので次はもう少し自力で解けると思います。」

「次回は絶対とけるようにしてみせます!」

となります。
例えポジティブに考えて次に間違えてしまっても実は大きな損はありません。むしろ悔しさに繋がるのであればさらに成長の糧になってくれると思います。

人間は不思議なもので、楽しい言葉を並べていると気持ちは上向き、辛い悲しい嫌だなどの言葉を繰り返すと気持ちが暗くなります。勉強も同じで、無理だできない苦手ですと言い続けると、自分で自分の成長を逃がしてしまうことになってしまいます。逆に次こそ!という気持ちになれば自然と復習にも力が入るようになれます。

それは親御さんがかける言葉も同じで、「あなたは〇〇が出来ないんだから」のような言葉をかけ続けると子供は前進しようと思う気持ちにはなれないと思います。もちろん無理にほめる必要はありませんが、「次〇〇すればもっと良い結果になるからここを頑張ってみよう」というような声掛けは大切に感じます。

また、これは個人的な意見ですが、「俺〇〇はできないから、無理だからさ」という類の発言は、暗に「だから俺がこれ出来なくても仕方ないんだ」と自分に言い聞かせて自分を守ろうとする、無意識の自己防衛の一種なのではないでしょうか。

ポジティブな言葉を意識するだけで結果が変わるのであれば、勉強の時間をただただ増やしていくよりもよっぽど効率的だと感じるので、是非今回の内容にドキッとする場合は是非心にとめていただければと思います。

怒涛のテスト期間も終わり、気が付けば冬期講習…そして受験シーズンと、一年の経過の早さにただただ驚くばかりです。後悔のない日々を生徒と共有できるよう、また明日も頑張ります。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

タイムカプセル☆

個別指導塾の学習空間、桶川西教室、坂戸東教室の中村です!

先日実家に帰った時に、私が使っていた部屋に一通の茶色い封筒が置いてありました、どこにでも売っているような

何の変哲もない封筒です。中身を空けたら、なんと中学生の卒業記念に植えた?タイムカプセルに入れた数年後の自分にあてたという

手紙が入っていました。

今の時代タイムカプセルなんてやるのですかね?そもそもタイムカプセルって(笑)ドラえもんじゃないんだから。。

そこに書かれてた手紙には  夢のマイホーム持ちましたか?
              気に入った仕事に就いてますか?

と書いてありました、どうやら当時の中学生だった私は未来は想像できなかったようです。

ただ、気に入った仕事には就いていますかね??

埼玉県は入試まで残り約90日。。。勉強も将来良き思い出となるよう、また将来後悔しないようラストスパート

かけていきましょう。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

(*ノ∀`)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

個別指導塾の学習空間、入間扇台教室、上尾西教室の篠原です!

最近新しい趣味を見つけました

プラモデルです

今までガンプラ(ガンダムのプラモデル)は知っていたのですが、今回は潜水艦にチャレンジ!!

してみたのですが。。。。

思っていたより難しいです。ガンプラと違い、自分で全て塗装することが前提の上、接着剤必須、おまけに小さいパーツは切った爪よりも小さい!!
ピンセットを駆使し、必死に組み立てるものの今回のブログには間に合いませんでした・・・・

次回のブログで初心者ががんばって作ったプラモデルをアップします

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

第一印象が大切(2回目?)

個別指導の学習空間、入間藤沢教室と川越南教室の間宮です!
この前教室にいるときにある電話がかかってきました。詳しくは覚えていないのですが、インターネットの回線かなにかの契約について話したいから担当の人はいますか?というような電話でした。
年に数回は同じような電話がくるので正直迷惑なのですが、何回もやりとりをしていると対応パターン(断り方)もわかってきます。
今回の電話もいつものように対応していると、相手の人に「あっそうですか。」と言われガチャンと電話を切られました。
文章上だとイメージしづらいですし、皆さんにはあまりピンとこないかもしれませんが、相手の人の電話対応はかなりヒドイです(笑)

友達同士の電話と違って社会人としての電話となると、色々と気を付けなければならないことがあります。
私自身電話対応がしっかりしていると自信を持っていえるわけではないんですが、二つほど挙げると、

「要件が終わって電話を切る際には失礼しますと言う。」
ここは皆さんの中にもすでに出来ている人が多いと思います。友達同士でもバイバイやまたねなど電話を切る前に言いますよね。

もう一つは、「電話をすぐに切らず少し間を開けてから切る、もしくは相手の人が電話を切ったのをかくにんしてから切る。」
こちらは友達同士だとほとんど意識しないと思いますし、変に意識する必要もないですが、電話をすぐにブチッと切られると不快に思う人もいるので、社会人の中では少し間を開けてから切るというの一般的です。
少なくとも電話をガチャンと切る社会人は普通はいません。なので今回私に電話をかけてきた人の対応は社会人としては0点です(笑)

前置きが長くなりましたが、今回私が一番伝えたいことはヒドイ電話対応をされたというグチではなく、第一印象が大切ということです。以前にも言ったかもしれませんが(笑)
見た目だけではなく、相手の人の電話対応でもその人の印象が変わります。どれだけ良い商品の話をされても、その人がため口だったり、やる気のなさそうに話していたら買いたいと思わないですよね。
これから受験で面接がある人は、面接官への第一印象も面接を成功させる鍵となるので意識してみてください。
埼玉の塾なら個別指導の学習空間

ボジョレー解禁!

個別指導塾の学習空間、大宮宮原・埼大通り担当の貝塚です!

知ってる人は知っている。
私といえばお酒好きです。

そしてお酒が似合います。

BEGINとハンチングぐらい似合います。

そんな私なのでボジョレーヌーボはもちろん購入しました。
お供にチーズ・生ハムなども購入し夜な夜な楽しんでいます。

生徒のみんな。私がいつも教室で飲んでいる水稲の中身はボジョレーヌーボですよ。

(USO)

そういえばこの前帰りにふと見ると上尾西教室のまえにペパーミントが咲いていたので、
自宅に持ちかえり食べました。76点くらいの味でした。

なかなかはえていないのですが、ラッキーでした。まるで誰かがそこに植えたかのようでした。

また成長しているころだと思うので、そろそろ収穫に行こうかと思います。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

卒業生パート3

b#個別指導塾の学習空間、坂戸西、北本教室の清水です♫♫

五味先生、貝塚先生にあやかり私も卒業生ネタを(^^♪

まだ卒業したわけではないですが、坂戸西教室で今月、大学の指定校推薦を受ける高校3年生の生徒が2名います。
私が坂戸西教室に来た時から通っている生徒で、当時2人とも同じ中学に通う2年生でした。

性格はどちらも負けず嫌い(頑固)で、勉強に関しては「納得するまでやる!!途中であきらめない!!」そんな生徒です。
高校でも継続してくれ、定期試験が近くなると夜遅くまで、納得するまで何度も同じ問題を解いている姿が印象的でした。(1名とは勉強のやり方で言い争い?になることもしばしばw)

気がつけば高3生になり受験を意識しだして、一緒に将来やりたいことなど話している時間が楽しかったのを思い出します。
努力してきた過程を知っているからこそ、生徒の夢を聞いて、話ができている時間がとても有意義でした。

無事大学合格を祈りつつ、今後もこのような生徒を教室から数多く送り出せるような教室作りしていきたいです。

選挙権まであと3年!定期試験まであと2週間!

学習空間 坂戸東教室 鴻巣西教室の望月です!
定期試験対策中ですね!
自己ベストを更新できるよう共に頑張りましょう!

さて
現在 公民の学習を中学三年生が行なっております。
政治や経済の基本的な習得が求められますので、
是非しっかり理解定着をしていきたいですね!

選挙権も18歳に引き下げられ、
(テストにでやすいですよ!)
中学三年生も選挙権を持つまであと三年です。

生徒に私が
「もうすぐ選挙権をもつから、将来投票に行く時に分からないと困るでしょ?」
と尋ねると

「将来選挙行かないし」
なんて返事します。

意味ない、親も行ってない、興味ない
なんて理由で行かないと決めてるようです。。。

政治への関心が薄れてるなんて声はメディアを通してよく聞きますが、
まさにこれだな。と体感してしまいます。

興味ないと言った生徒に
「君の住んだる町の町長さんが、町民のお金を悪いことに使っていてらどう思う?
工場や道路をたくさん作って自然をどんどん壊そうとする人が町長に立候補したらどう思う?」
なんて尋ねると
「許せない!そんな町は好きではない」
なんて答えていました。

やはり身近なことだと感じないと政治には
興味関心がわかない、
ということだ思います。
「そう思うのであれば、選挙権を活用したらいいと思うよ」
なんて伝えてあげると
「俺が選挙に出る」
なんて言っていました笑
是非!

受験勉強のための知識だけではなく、
勉強を通して今後の生活のためになるということを将来感じてくれればと思います。

望月

AI

個別指導塾の学習空間、桶川東&本庄南教室の五味です!

最近、白いロボットがスマホ見ながら「OK、google」とか言っているCMがありますよね?あのCMを目にすると科学技術の進歩を特に実感するのですが、今回はその白いロボットにも搭載されているであろうAIについて書いてみようと思います。

いつだったかわからないのですが、とある世界的な芸術賞でAIが作成した絵画がグランプリを受賞したそうです。
人とその他の生物を区別する時、人は芸術、美術を創造、理解でき、他の生き物はできないという事を言うような人もいた気がしますので、AIが絵画を作成するとは驚きました。
で、その作品は個人的な印象として、何となく狂気じみたような、不安が煽られるような感じでした。なんというかムンクの「叫び」に近いような印象ですかね。

またこれとは別に、AI作成の絵画がアメリカのオークションで5000万円近くの値段で落札されたこともあるそうです。
そのうち、過去の有名な画家たちが描いた作品よりもAIの描いた作品の方が高額で落札されるなんてことも有るのかもしれません。

それにしてもAIの進歩はすごいですね。どんどん人間の「領域」に近づいてくるというか、踏み込んでくるというか…。
とある研究の試算においては、AIに今後30年間でとってかわられる職種が非常に多いそうで、その中に塾の先生も入っていた気がします……。ちょっと、あれですね…。落ち込みますね…。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

長時間学習のコツとは?

個別指導塾の学習空間、埼大通り教室の岩田です!

私のブログはやや硬い内容が多い気がしますが、今日の内容は割と気になる保護者の方・生徒様も多いのではないでしょうか?学習を長時間行うコツについて、あくまで私見ですが述べさせていただきます。

個人的に色々なことは共通していると思っているので、よく勉強をスポーツに例えることもあるのですが、
たとえばマラソンをするとして「とりあえずできる限り長い時間走ってください」と言われてもなかなか難しいのではないでしょうか?

ここでまず個人差が出てきて、割とボーっとマイペースに走り続けられる人もいれば順位や距離を気にしてできる限り速く走ろうとする人もいると思います。勉強をあえずあまり苦に感じずに長時間できる生徒はこのようなタイプが多い印象です。

では立ち止まってしまう人はどんな生徒でしょうか?
走る気がおきない・走るのが嫌い・どう走っていいかわからないのですぐ止まってしまう・・等々。
これは勉強に置き換えても似たような状況だと思います。

ここから改善ができるとすれば、やはり一度自分で成果を体感して、必要な量やペースというものを実感するのが大切なことではないでしょうか。
「これくらいのペースでこれくらい走ればこれくらいの順位になりそう」「もう少し順位を上げるにはもう少し早いうちに前に追い付ければかわるのかな?」などと自分で考えられるようになることは、結果的に必要なものを体感でき比較ができるようになるので、長時間走ることへの抵抗感が減ると思います。

勉強に置き換えるのであれば、「これくらい学習したらこれくらいの出来だった」「もう少しワークを勉強しておけばあと〇点とれたかな・・」といった感じです。
ただし、この段階に行くまでにはまず一旦辛くても踏ん張ることが前提なのでやはり生徒だけ、ご家庭からの声かけだけでは難しいかもしれません。ただ、難しくても粘り強く声掛けをしていただけるかどうかで必ず差がでてくるので、本人が軌道にのるまでは塾や学校だけでなくご家庭からのサポートも大切だと最近よく思います。

長くなってしまいましたが、最初の結果が出るまでが大切ということですね。
そこからうまく先導してするのが塾講師の役割だと思うので、私もブログの内容をきちんと実践できるように日々しっかり意識していきたいと思います。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間